【冷凍保存はあり?なし?】買いすぎた「もやし」を長く保存する3つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もやしを買いすぎちゃった!

もやしって安いので、ついつい買いすぎちゃいますよね。

安いから多めに買ってしまい、使い切れなくなって捨ててしまった…って経験ないですか?

私も何度も経験あります。

もやしの賞味期限はだいたい2~3日程度ですので、イロイロなものを買いだめした場合、一番早く傷んでしまうのが「もやし」ではないでしょうか?

もやしは安いとは言え、使いきれずに捨ててしまうのはやはりちょっともったいないですよね。

そこで本日は、もやしを長持ちさせる保存方法を調べてみました。

1 袋に穴を開けておく
2 もやしを水に浸して冷蔵庫で保管
3 もやしを冷凍保存するとどのくらい持つの?

1 もやしの袋に穴を開けておく

もやしを買ってきたら、何もせずに袋ごとそのまま冷蔵庫に入れて保存してませんか?

「冷蔵庫で保存」に関しては、正解なのですが、「そのまま」というのは不正解なんです。

なぜなら、もやしは「呼吸」しているから

袋に入っているもやしは、まだ生きていますので呼吸しています。

それを密閉した袋の中に入れてしまうと、呼吸困難に陥ってしまいますので、その結果、痛みが早くなる原因に…。

なので、

・もやしの袋に何箇所か穴を開ける
・もやしの袋をちょっとだけ開封しておく

と言った工夫をすることで、もやしが痛む進行を遅らせることができます。

結果的に、もやしを長く保存できますので、冷蔵庫に入れてしまう前に袋にちょっとだけ切れ目を入れてみたらいかがでしょうか?

一番お手軽なので、私はこの方法を使っています。

スポンサーリンク

2 もやしを水に浸して冷蔵庫で保管

もやしを保存する時に、タッパーなどに水を入れその中にもやしをひたして冷蔵庫にで保存することで1週間ほど長持ちさせることができます。

このくらいの期間持てば、もやしを傷めることなく次の買い物まで長持ちさせることになるのではないでしょうか?

そして、この方法でもやしを保存する場合に、1つ気をつけてほしいことがあります。

それは、

水は1日1回交換する」こと。

もやしをひたらしている水に雑菌が繁殖してしまうと、もやしが早く傷んでしまう原因になります。

なので、1日1回は水を交換してください。

また、この方法でもやしを保存した場合、調理するときには雑菌を殺すためにも、もやしによく火を通すようにしてください。

3 もやしを冷凍保存するとどのくらい持つの?

もやしを大量に買ってきて冷凍保存した経験はありませんか?

たしかにもやしは冷凍保存できますが、もやしの持ち味であるあの「シャキシャキ感」がなくなってしまい、なんだかヘナヘナした感じになってしまいますよね。

なので、もやしの「シャキシャキ感」と楽しみたいのであれば、冷凍保存はオススメできません。

ですが、「もやしは冷凍保存できるの?」と言う質問されたら、答えは「できます」です。

もやしを冷凍保存する場合は、2種類の方法があります。

・袋のままもやしを冷凍保存する方法
・一回茹でてからもやしを冷凍保存する方法

袋のままもやしを冷凍保存する場合は、先程書いたように「袋に何箇所か穴を開けておく」ことでより保存期間が長くなります。

そして、一回茹でてからもやしを冷凍保存する場合は、もやしがシナっとなるまで茹でる必要はありません。

シャキシャキ感が残るくらいにで大丈ですので、さっと茹でてから水分をよく切って冷凍保存しましょう。

まとめ

もやしは安くてレシピが豊富ですので、料理の主戦力にしている人も多いと思います。

ですが、

「お出かけした時に買いだめしたいけれど、早く傷んでしまうからなかなか手が出せない…」

って人も多いと思います。

今回紹介したもやしの保存方法を実践することで、もやしを長く保存できますので、買いだめもはかどるのではないでしょうか?

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>