バイクや自転車の旅に!ハンドルにつけて使う三脚が便利すぎるの紹介したい!

スポンサーリンク

 

三脚がほしい!

だけど、自転車やバイクで旅するから、あまり大きな荷物になるようであれば、かえって邪魔になるし…

「カメラの三脚」ときいてまず思い浮かべるのは、

・大きい
・重い
・かさばる

ではないでしょうか?

観光地などで大きな三脚を担いで歩いている人を見かけて、

「おっプロのカメラマンかな?」

と思うのは、私だけではないはず。

観光地で三脚を使っている人を見て、

「三脚って便利だな」

とは思うんですけど、あの大きさや重さを考えるとバイクや自転車で旅をする人には、

「チョット…自分のスタイルにはあわないな。」

ってなってしまいますよね。

しかしながら、もうちょっと小さい三脚、カバンに入るコンパクトさで一人旅に使えそうなものであれば、それを使って写真を取ってみたいですよね。

バイクや自転車のたびにも使えるコンパクトで優秀な三脚はないの?

・プロ仕様じゃなくてもいい
・コンパクトが1番
・スマホで撮影するときにも使いたい

この3つの条件を満たす超優秀な三脚、見つけました!

スポンサーリンク

自転車やバイクの旅御用達のスマホでも使える三脚

自転車やバイクでぶらりと旅をする時に、どうしても気になるのが「荷物」

できるだけコンパクトに軽くまとめたいですよね。

なのでいろいろなものを「大きいから」とか「重いから」といった理由で我慢している人も多いと思います。

ですが、これから紹介する三脚はとってもコンパクト。

縦x横 260mmx50mm
重さ 165g

のコンパクト設計となっています。

これなら自転車やバイクの旅の荷物でも邪魔にならないんではないでしょうか?

しかも巻きつけることができますので、

バイクや自転車のハンドルに巻きつけて固定してから、写真を撮ったり動画を撮影したりできます。

こんな感じ。

まさに、バイクや自転車の旅のお供にぴったりですね。

ということで、あらためて商品を紹介します。

くねくね三脚の3つのメリット

これ実際に使ってみたのですが、とても便利なんです。

なので、「みんなにシェアしたいな」と思った、くねくね三脚の3つのメリット3つ紹介しますね。

・かさばらない
・どこでも置ける
・スマホでも使える

・かさばらない

画像を見てもらえたらわかると思いますが、通常の三脚とは違いあしがクネクネと曲がります。

なので、バッグに収納するときでも、余ったスペースにねじ込むことができますので持ち運びがとっても簡単!

また、「どうしてもバッグに入らない」というときは、自転車やバイクに巻きつけて持ち運ぶことが可能です。

・どこでも置ける

これが今回紹介したかった一番のメリット。

三脚だとどうしても「三脚を立てる場所」が必要になってきます。

なので、どうしても場所を選びますよね。

しかし「くねくね三脚」は場所を選びません。

くねくね三脚

こんな感じでカメラを設置することも可能です。

なので、

・自転車やバイクのハンドル
・金網

といった感じで、場所を選ばずにカメラを設置することが可能となっています。

もちろん、そのまま置くこともできますよ。

・スマホでも使える

また、カメラだけでなく、スマホ専用のホルダーが付いていますので、スマホでも使用が可能となっています。

旅行に持っていくだけでなく、日常で持ち歩いているバッグに入れておいて自撮りに使用するのもいいですね。

まとめ

 今回は「クネクネ三脚」について紹介しました。

いいところばかり書いてしまいましたが、一つだけ欠点があります。

それは、

「重いものには対応できない」

ということ。

重いカメラや望遠レンズがついているカメラなどは、カメラがお辞儀してしまって使えないです。

カタログスペックでは、「耐力 1200g」となっていますので、iPhoneやスマホ、ハンディサイズのカメラであれば十分耐えれる数値ですが、重いカメラには使えませんので気をつけてください。

自転車やバイクの旅に使う以外にも、旅行好きなおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントするのもいいですね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>