【刃先は?分別は?】包丁の捨て方完全マニュアル

スポンサーリンク

包丁を捨てたい!

けど、

・ゴミの分別は?
・清掃員が怪我をしないように出来ることは?
・他に何か気をつけることはある?

と、いつもよく出る「生活ゴミ」と違って包丁はめったにゴミに出すことはないので、ちょっと戸惑ってしまいますよね。

間違った日にゴミとして出してしまって「回収業者にもってかれない」なんてことがないように気をつけなければなりません。

また、包丁は刃物ですので、取扱には十分気をつけておきたいところ。

自分は「包丁」とわかっていても相手からしてみたらよくわかりませんので、相手を傷つけないためにもこちらの方で工夫をしなければなりません。

包丁をゴミとして出す時に気をつけることは、

・回収業者に怪我をさせないために
・ゴミとして処分してもらえるように

この二点、ちゃんと調べてきました。

本日の記事内容は、

1 包丁をゴミに出す前にやっておきたいこと
2 包丁はどのゴミに分別されるの?
3 まとめ

スポンサーリンク

包丁をゴミに出す前にやっておきたいこと

包丁をゴミとして捨てる時に、一番心配なのはやはりごみ収集の人が包丁だとわからずに扱って怪我をしてしまうことだと思います。

なので、包丁をゴミに出すときは、刃の部分で誰かを傷つけてしまわないように気をつけなければなりません。

やり方は、いくつかあります。

・刃をガムテープで巻く
・刃を石などでこすって切れないようにする
・新聞紙などでくるむ

1番簡単な方法は、やはり包丁の刃をガムテープで巻いてしまって刃に直接物が当たらないようにすることですね。

包丁の刃にガムテープを巻くときにはコツがあります。

それは、包丁の刃の部分でガムテープを折り返さないこと。

包丁の刃の部分でガムテープを折り返すと、その部分にストレスがかかった時に、刃が飛び出して来る恐れがあります。

なので、包丁をガムテープで巻くときは、包丁の刃から1cmほどでた部分で、ガムテープの折り目をつけて包丁をくるんでみてください。

図で書くとこんな感じです。

(実際のガムテープはこれよりももっと幅が狭いと思いますが、「折り返す部分はここですよ」とわかりやすくするためあえてこの大きさで画像を作ってみました)

これで安全性がぐっと増します。

さらに、これでも心配な人は、ガムテープの部分に、

「包丁です。気をつけてください。」

などと書いておけばに安心ですね。

包丁はどのゴミに分別されるの?

・普通のゴミ?
・燃やさないゴミ?

と、包丁の捨て方で、この部分で迷ってしまう人も多いと思います。

包丁をゴミとして出した場合の分別ですが、正解は、「自治体によって違う」です。

これだ正解ですよ、といった答えがあれば、ここでお伝えすることができたのですが、今回調査した結果では、包丁の捨て方は「自治体によって違う」ことが判明しました。

(どうやら、ゴミの焼却場の能力によって違うみたいです。比較的新しく建設されたゴミ焼却場は、処理能力が高いので、「燃えるゴミ」として出すことも出来るみたいです。)

なので、各自治体のホームページなどで確認してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

包丁を捨てる際にもちょっとしたことで危険が防げますので、「自分じゃないから」とは思わずに、相手のためを思って「傷つかない処理」をやってください。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>