【こどもの字が汚い】キレイな字を書く5つのコツ

スポンサーリンク

子供の字が汚い!

・クセが強かったり
・バランスが悪かったり
・メリハリが付きすぎていて…

と、お子さんの字が汚くて悩んでませんか?

どうにかしてやらないと・・・

とは思っても、いざおしえるとなると、具体的にどういったことを教えたらいいのかわからず困ってしまいますよね。

とくにお子さんが女の子である場合、成長するにつれ「女性だからきれいな字を書くのが当たり前」と周りから見られる傾向があります。

本当かどうかはわかりませんが「字は心を表す」なんて言う人もいますね。

確かに字が綺麗であることは、相手に良い印象を与えますのでなるべくキレイにしたいところ。

「字が汚いから読めない!」

なんてことは避けたいところ。

なのでできれば、親としても自分の子供にはきれいな字を書くことを覚えてほしいものですね。

しかし、「どう教えていいかわからない」のであれば、子供に、

「きれいな字を書きなさい!」

と、どなるだけで答えを教えてくれない親になってしまいます。

ここは子供にきれいな字の書き方の具体案を提示して、要領よくきれいな字を書くことを覚えてもらいたいですよね。

そこで本日は、きれいな字を書くコツを5つ紹介していきます。

きれいな字を書くコツ1 力を入れすぎない
きれいな字を書くコツ2 止める、はらう、はねる
きれいな字を書くコツ3 下を揃える
きれいな字を書くコツ4 大きさを整える
きれいな字を書くコツ5 ゆっくりと書く

スポンサーリンク

きれいな字を書くコツ1 力を入れすぎない

こどもが字を書く時に力を入れすぎてないでしょうか?

・肩に力が入っていたり
・手首がガチガチだったり
・鉛筆を必要以上にギュッと握りしめていたり

力が入りすぎていたら、普段でしたら普通に動かせることが出来るものでもぎこちなくなってしまいます。

思うようにコントロールできず、結果的に、思っていたのとは全く違う、カクカクした字になってしまいがちです。

しかも字を書く時に力を入れすぎて書くと、無駄な力が入っているため集中力が続かなくなり結果的に作業効率が悪くなってしまいます。

たしかに鉛筆を軽く持ちすぎてしまうと、フニャフニャな文字になってしまいますが、かと言って力を入れすぎてしまうとカクカクした文字に。

「字を書く」というのは、いいかえれば「紙の上をペンを滑らすこと」です。

紙の上でペンをすべらせるだけですので、そんなに力を入れなくても十分なパフォーマンスは発揮でます。

「うまく書きたい」とか、「書かなければならない!」と言った気持ちはわかりますが、もし書いている時に力の入れすぎで指の先が白くなっているようでしたらご用心。

とくにお子さんの場合、何事にも集中して全力で取り組みますので、指のちからも半端ないと思います。

もう少し肩の力を抜いてリラックスして字を書くことを子供に伝えてみましょう。

きれいな字を書くコツ2 止める、はらう、はねる

コインパーキングを題材にした笑い話に

「字を書くこと」と「コインパーキングに車を止めること」の基本は一緒で3つしかない。

・止める
・はらう
・はねる

「止める」はしっかりはみ出さずに車を停めること
「はらう」はちゃんとお金を払うこと
「はねる」は人を・・・

なんて話があるみたいですね。

面白いかどうかはおいといて(私的にはこの話はあまり…)、うまい字を書く基本は先ほど紹介したように、

・止める
・はらう
・はねる

がしっかりできていることです。

これ、鉛筆やペンを使った字ではあまりわかりませんが、書道になってくると「上手な字」と「汚い字」の違いがはっきりわかります。

・どこで止めるか?(どこまでのばしたらいいのか)
・はらい方は大げさではないか?
・きちっと止めているか?

この辺のセンスは意識して書いていかないとなかなか上達しません。

逆に、この辺がきちんとかけていれば、バランスの良いきれいな字になりますので、「止める」「はねる」「はらう」を意識して書いてみましょう。

きれいな字を書くコツ3 下を揃える

きれいな字とは、読みやすい字でもありますよね。

横書きで字を書いた時に、読みやすく感じるのは、時の下の部分が揃っていること。

この2つを比べてもらうとわかると思いますが、字の下が揃っていると読みやすいですよね。

とくにノートに横書きで書き物をするときは、字の上は多少凸凹していてもかまわないですが、下の部分はノートの線に沿ってきっちり揃えておきましょう。

また、縦書きの場合、中心を意識して揃えるようにして書くとキレイに見えます。

きれいな字を書くコツ4 大きさを整える

「大きさを整える」といってもむずかしいと思います。

アルファベット26文字と違って、日本語は「漢字」と「ひらがな」がありますので、どうしても漢字のほうが大きくなってしまいがちですよね。

それはそれでOKです。

試しに、漢字だけフォントサイズを変更して大きくしてみたのですが、こんな感じで違和感はないと思います。

(上が同一フォントサイズ、下が漢字だけフォントサイズを変更)

漢字はある程度大きくても仕方ないですが、漢字の大きさは揃えておけば、案外きれいに見えるものです。

なので、

・ひらがなはひらがなで大きさを統一(普通サイズ)
・漢字は漢字で大きさを統一(ちょっと大きいいサイズ)

そして先程書いたように、「文字の下を合わせる」で文字を並べることで格段にきれいな字に見えます。

きれいな字を書くコツ5 ゆっくりと書く

結構なスピードできれいな文字をサッサと書いている人がたまにいますね。

そういう人でもインプットの段階、つまり文字を書くのを覚える段階では、ゆっくりていねいに文字を書いています。

そしてそれが習慣になってからだんだんとスピードを早くしていけばいいのです。

そうすることで「うまく」「はやい」文字がかけるようになります。

なのでまずは、ゆっくり書いてみること。

ほら、キーボードのタイピングでもそうでしょ。

最初は、「どこに何の文字があるか」確認しながら文字を打ちますよね。

それがなれてくると、だんだんと早くなり、最終的には、ブラインドタッチまで出来るようになります。

「きれいな文字は一日にしてならず!」

最初はゆっくり丁寧に書いて練習してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

字の個性と言うのはおとなになるとなかなか直らないので、できれば子供のうちに直しておきたいもの。

形はないですが、そういったものも子供に残せる財産ですね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとごうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>