賃貸でも時計を壁にかけたい!シーンに合わせて3つのアイテムを紹介

スポンサーリンク

賃貸でも時計を壁にかけたい!

・おしゃれな時計を見つけたのに!
・大きな時計のほうが見やすい!
・でも大きな穴を開けると修繕費が…

と、悩んでいませんか?

お気に入りの時計を実家から持ってきたのに、壁に釘が打てないので結局つけることができず…。

時計に限らず、「壁にフックが付けられない」ということで、賃貸に住んでいる人は結構不便を感じていると思います。

この壁をもっと有効に使うことができたら!

ということで、本日は、賃貸でも壁に時計をかけることができる方法を3つ、紹介していきますね

スポンサーリンク

「壁美人」を使って賃貸の壁に時計をかける

壁美人ってご存知ですか?

「賃貸の壁に釘やネジなどの大きな穴は開けられない」

ということで、壁にホッチキスでフックを取り付けることができるアイテムなのですが…

言葉で説明するよりも動画を見てもらった方がわかりやすいと思います。

YouTubeで動画をみつけてきました。

「壁美人」を取り外したあとの壁の状態も動画で確認できますので、ぜひ確認してみてください。(壁の穴の確認は0:43~)

https://www.youtube.com/watch?v=fX-s6sZJFjk

 こういった商品を使うときに気をつけてほしいことがあります。

それは、「商品が指定している重量以上の負荷をかけない」こと。

例えば壁美人ですが、これもやはり万能ではなく、あまりにも重すぎるものをかけると外れてしまい、その時に帰って壁に傷が付いてしまう場合があります。

なので、商品が指定している重量以上の負荷はかけないようにお願いします。

「壁美人」はいろいろな形がありますので、使う用途によって合うものを選んでみてくださいね。

「ハイパーフックかけまくり」を使って賃貸の壁に時計をかける

 先ほど紹介した「壁美人」は壁にホッチキスでフックを固定させるアイテムですが、「ハイパーフックかけまくり」はホッチキスではなく、どちらかと言えば、画鋲っぽいのが特徴です。

といっても画鋲ではないですよ!

画鋲であれば、

・ポスター
・カレンダー

と言った重量の軽いものであれば、十分通用するのですが、時計などの重いものであれば、落ちてきてしまいますよね。

「ハイパーフックかけまくり」は耐荷重が2.5kg~7kgとなっていますので、これでしたら、時計などでも安心して使うことができます。

「ハイパーフックかけまくり」の使い方ですが、画鋲と一緒でピンを壁に刺すだけですので、力の弱い女性でも使うことができます。

動画では、「ハイパーフックかけまくり」を抜いたあとの壁の状態が確認できますが、見た目はほとんどわからなかったですね。

これなら安心して使うことができるのではないでしょうか?

(「ハイパーフックかけまくり」を壁から抜いたあとの状態の確認は1:31~)

https://www.youtube.com/watch?v=FidaKaTXNT0

ディアウォールを使って賃貸の壁に時計をかける方法

・ホチキスも駄目
・ハイパーフックかけまくりもなんか嫌
・釘やネジなんて、もってのほか
・できるだけ壁に傷をつけたくない

というのであれば、もうこれは時計をつけるための新しい壁(柱)を用意するしかありませんね。

新しく壁を作る

と、ほとんどの方がはじめて耳にすることだと思いますが、これが結構簡単で実用的。

やり方は、

・ホームセンターで木材を買ってくる
・ディアウォールをつける
・好きなところに設置する

と、たった3手順。

これも、言葉で説明するより実際に見てもらったほうがわかりやすいと思います。

コチラの動画をどうぞ!

https://www.youtube.com/watch?v=7hZi8tMdWn4

「大人がのっても大丈夫な強度」ということで、安心感抜群です。

ディアウォールなら、時計をかけるだけでなく、

・本棚を作ったり
・収納スペースを作ったり
・テレビ台を作ったり

とアイデア次第でいろいろな可能性が広がりますね。

どれを使ったらいいの?

・壁美人
・ハイパーフックかけまくり
・ディアウォール

と、3つのアイテムを紹介しましたが、どれを使っていいのか悩んでしまいますよね。

参考になるかどうかはわかりませんが、

「私であれば、こう使う」

といった、私なりの基準を紹介しますね。

まず先程も書いたように、時計だけでなく、

・本棚
・収納スペース
・テレビ台

といったものも合わせて作ってみたいのであれば、これはもう「ディアウォール」しかないでしょう。

アイデア次第では、いろいろな物ができますので、自分だけのオリジナルな一品家具に挑戦してみるのもいいのではないでしょうか?

しかしながら、

・収納スペースは十分にあるからもういい
・部屋が狭いから棚はかえってじゃまになる
・時計だけをかけたい

と言った状況であれば、私だったら「ハイパーフックかけまくり」を使うと思います。

理由は、ハイパーフックかけまくりは、失敗してもやり直しが簡単そうだから。

壁美人でもいいのですが、

・失敗したり
・部屋の模様替えをしたり

こんな時に「抜きやすさ」というのを考えるのであれば、ホチキスを使った「壁美人」よりも「ハイパーフックかけまくり」のほうが、一枚上手ではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した、賃貸でも壁に時計をかける方法の要点をもう一度まとめてみると、

◆壁美人を使う

ホチキスの穴が残る(動画で確認できます)

◆ハイパーフックかけまくり

小さい穴が残る(動画で確認できます)

◆ディアウォールを使う

新しく壁を作るので、穴は残らない

となります。

なお、賃貸の壁の穴ですが、画鋲の穴くらいの大きさでしたら基本的に補修費は請求されないようですが、不安であれば、大家さんや不動産屋さんに事前に相談してみましょう。

→参考 賃貸の素朴な疑問 壁に画鋲の穴。退去時に補修費請求される?

 本日の記事は以上です。

最後までお付き合いただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>