靴底がはがれてしまった場合の修理方法!気をつけることも合わせて紹介

スポンサーリンク

靴底がはがれてしまった!

・歩いていたら違和感が
・久しぶりに履こうとしてしまっておいた靴が
・はがれた部分が地面に引っかかって転びそうになる

と、悩んでいませんか?

靴底の素材には大抵の場合、ポリウレタンが使われています。

ポリウレタンは、軽くて柔軟で靴底にはピッタリの素材なのですが、

・水
・バクテリア
・紫外線

といったものが原因で劣化してしまいやすく、寿命は3~5年と言われています。

これではちょっと残念ですね。

そこで本日は、はがれてしまった靴底を修理する方法を紹介していきたいと思います。

思いっきりはがす

・つま先だけほんのちょこっと
・靴の半分くらい

と、靴底のはがれ方はさまざまだと思います。

しかしながら、途中まではがれてしまったのであれば、はがれてない部分に関してもストレスがかかっていることは確か。

決して「まだはがれていなかったから大丈夫!」というわけではありません。

むしろ、はがれる予備軍みたいな感じ。

はがれた部分を接着したいのであれば、その部分だけを接着するのではなく、まだはがれていな部分も接着するために剥がしましょう。

「靴底の一部が剥がれている」ということは、他の部分もはがれていないにしても、接着は弱くなっています。

なので、どうせはがれている部分を新しく接着するのであれば、接着が弱っている部分も剥がしてあらためてつけ直すのが高い効果が期待できます。

接着する部分をキレイにする

靴底のはがれてしまった部分は、接着剤が弱くなっているとはいえ、まだまだ接着力はあります。

その部分に、

・ゴミが溜まってしまっている
・小石や砂がかんでいる

のであれば、接着剤も効果半減!

接着剤を使用する前に、きちんと汚れを落としてツルツルにしましょう。

具体的なやり方としては、

1 使い古しの歯ブラシで固形物を落とす
2 アルコールなどで接着のネチョネチョを落とす
3 ヤスリなどでこすって表面を滑らかにする
4 濡れたタオルなどで拭く

と、こんな感じ。

ヤスリやサンドペーパーを使って表面を滑らかにする時に、注意してほしいことがあります。

それは、削りすぎると形が変わってしまうこと。

とくに、靴底のはがれた後に、石がかんでしまって大きなへこみがある場合もあると思いますが、全部削りとって滑らかにしようとしないでくださいね。

あまりに大きく削り取ってしまうと、接着面が変わってしまい、履き心地が悪くなってしまう可能性があります

接着剤を塗る

・思い切ってはがす
・表面をキレイにする

と、この2ステップが終わるといよいよ次は、接着剤で靴と靴底をとめます。

使用する接着剤ですが、靴専用の接着剤が良いでしょう。

そして靴の接着のやり方ですが、これは、スマホやiPhoneにフィルムを貼るのと同じ要領でやりましょう。

ようは、「中に空気を入れない」こと。

接着剤を多めに塗って、奥の方からたるみのできないように、ピッタリと貼っていきましょう。

プレス、乾かす

接着剤を使って靴底をつけたら、今度は靴を逆さまにして、靴底を軽く叩いてあげましょう。

力を入れてガンガン叩く必要はないですよ。

軽く叩くことによって、

・空気が抜ける
・接着剤が均一になる
・余計な接着剤が抜けてくる

と言った効果が期待できます。

靴の中にタオルなどを入れて、固定してから裏返して軽く叩いてあげましょう。

それが終わったら、接着剤を乾かす工程に入ります。

ですが、その前に確認してほしいことがあります。

それは、「接着剤がはみ出てないか

接着剤がはみ出ているのであれば、乾かす前にかならず拭き取っておいてください。

そして、靴底を修理する時に使った接着剤を乾かす方法ですが、そのまま放っておくのは絶対にやらないでください。

そのままなにもしないままで乾かしてしまうと、靴の反りに合わせて靴底がはがれてしまう可能性があります。

とくに、つま先が上を向いている靴は要注意!

なので、乾かす行程で靴底が浮いて離れないように、「ひもでしばる」などをして、靴と靴底を固定しておいてください。

 まとめ

 はがれてしまった靴底の修理方法、要点をもう一度まとめてみると、

  1. 思い切ってはがす
  2. 表面をキレイにする
  3. 接着剤をつける
  4. 乾かす

となります。

自分の靴以外にも、家族が大切にしている靴があれば、一緒に修理してみたらいかがでしょうか?

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>