iPhoneX/8/8 Plus【ワイヤレス充電器】徹底調査!車でも充電可能?

スポンサーリンク

 

置くだけで充電できる!

iPhoneX/8/8 Plusに新しく搭載された新機能、「ワイヤレス充電」一体どんな機能なのか気になりますよね。

アップルの公式サイトによると、

あらゆる場所で充電できる設計。

より多くの人により多くの場所でワイヤレス充電の便利さを体験してもらいたい。

だからiPhone Xは、ホテル、カフェ、空港、車などによく置いてあるQi規格のワイヤレス充電器に対応しています。

BelkinとMophieからも、iPhone Xのために作られたワイヤレス充電器が新たに2つ登場します。

引用 iPhone X ワイヤレス充電

とのこと。

Qi規格のワイヤレス充電器」って初めて聞く人も多いのではないでしょうか?

そこで本日は、iPhoneX/8/8 Plusに新しく搭載される機能「Qi規格」について、わかりやすく紹介していきます。

Qi規格とは?

「Qi規格」って初めて聞く人も多いとも多いと思います。

Qi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である。

引用 wikipedia Qi(ワイヤレス給電)

wikipediaによると、過去においては、いろいろなメーカーが独自でワイヤレス充電の開発をしていたそうです。

しかしながら、いろいろなメーカーが独自の開発をしていることで、

「メーカーが違うと使えない」状態に…

そこで、国際標準規格を作り、メーカーが違っても対応できるように作ったのが「Qi規格」です。

なので、「Qi規格」とは、アップルの独自の規格ではなく国際標準規格なので、ワイヤレス充電器はアップル以外の商品で使っても、iPhoneX/8/8 Plusにおいては充電が可能となっています。

こうなってくると、いろいろなメーカーが、iPhoneX/8/8 Plusのワイヤレス充電器を開発してくれると思いますので、我々ユーザーは選択肢が広がりますので嬉しい限りですね。

スポンサーリンク

Qi規格の仕組みを簡単に解説

「なんで、ワイヤレスで充電できるの?」って不思議に思いますよね。

この仕組を簡単に説明したいと思います。

まず前提として、

・コイルに電流が流れると、磁力が発生する
・磁力が発生すると、コイルに電流が流れる

というのがあります。

ようするに、コイルがあることで電流と磁力は互いに影響しあっているのです。

これを応用することで、

まず最初に、充電器側では、コイルによって、磁力を発生させます。

スマホ側では、コイルを内蔵していますので、発生した磁力に影響されて、スマホ内のコイルに電流が流れ、その結果、充電ができる仕組みとなっています。

Qi規格のワイヤレス充電器はつかわれているの?

「ワイヤレス充電器の仕組みは、なんとなくわかった。でも実際につかわれているの?」

って、iPhoneユーザーは気になるところですよね。

スマホでは以前から、「Qi規格」のワイヤレス充電器は使用されています。

実際にどんな感じなのか、動画を見つけてきました。

https://www.youtube.com/watch?v=CnyJcfX0R9U

こんな感じで、「Qi規格」対応のスマホは置くだけで充電できます。

かなり便利ですよね。

ワイヤレス充電を使うことで、「充電ケーブルの差込口のストレスが減る」といったメリットがあげられます。

スマホやiPhoneが突然充電できなくなる理由の1つに、

充電ケーブルの差込口がグラグラして充電できなくなった

といったものがあります。

充電しながら寝ながらスマホなどをして、朝起きたらスマホが充電ケーブルから抜けていた、なんて場合には、知らず知らずのうちに、充電ケーブルの差込口にストレスをかけている場合が多いですね。

そんなことが続くと充電口が壊れてグラグラするようになり、最悪の場合、充電できなくなってしまいます。

しかしながら「Qi規格」では、ワイヤレス充電なので、充電口にストレスが掛かることがありませんので、こういった理由での故障の心配がなくなります。

過去に、「充電できなくなった」といったトラブルを抱えたことのある人(実は私もそのうちの一人)には、嬉しい充電機能ですね。

今使っているiPhoneには使用可能なの?

結論から言えば、使用可能です。

ですが今までのiPhoneは残念ながら「Qi規格」ではありません。

なので、

・「Qi規格」専用の充電器
・「Qi規格」の充電シート

が必要になってきます。

といっても、充電シートはそんなに分厚いものではありません。

ケースに入れるとほとんどわからなような薄いものです。

気になるのであれば、こちらの動画でどのような感じなのか、確認してみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=1NxVLY00sc4

この薄い充電シートが内蔵されてるのが、新しいiPhoneX/8/8 Plusといえば、イメージできるのではないでしょうか?

車でも、ワイヤレス充電はできるの?

自動車専用のワイヤレス充電器もあります。

https://www.youtube.com/watch?v=RknCHOWrG7A

なにげにおしゃれで、しかも、充電口へのストレスも減るのは確実ですね。

・外回りでiPhoneをよく使う人
・車で遠出する人
・ドライブが好きな人

なんて人にはワイヤレスの充電器をプレゼントすると喜ばれます。

まとめ

いかがでしたか?

ワイヤレス充電になることにより、充電口が受けるストレスが減りますので「充電できなくなった」といったトラブルの可能性が低くなるのは、私達ユーザーにとって嬉しい設計ですね。

最後にひとつだけ気をつけてほしいことを!

「Qi規格」の充電器は磁力を使って充電する仕組みになています。

なので、パソコンなどの精密機械の上で使用すると、磁力の影響により故障してしまう可能性がありますので、気をつけてくださいね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>