アシンメトリーの本当の意味とは?難しさについてもわかりやすく紹介

スポンサーリンク

 臭い 女性

アシンメトリーってどういう意味?

・アシンメトリーな髪型
・アシメな前髪
・アシンメトリーなアレンジ

と、最近良く聞く「アシンメトリー」という言葉。

とくに特定の髪型を指す時に使われますね。

しかし実はアシンメトリーの意味をあまり良く知らないで使っている人も多いのではないでしょうか?

・アシンメトリー
・シンメトリー

この2つの意味の違いを知って、間違いのないように「アシンメトリー」という言葉を使いこなしていきたいですね。

そこで本日は、「アシンメトリー」の意味について紹介します。

スポンサーリンク

アシンメトリーとは?

 「アシンメトリー」って最近良く聞く言葉ですね。

・髪型
・服装

などの主にファッションの分野においてよく使われます。

でも、「アシンメトリー」の意味をちゃんと知っている人は意外に少ないんではないでしょうか?

「大体こんな感じのデザイン」

とまでは分かるんですけれどね。

アシンメトリーとは、「左右非対称」のことをいいます

左右対称のことを、「シンメトリー」というのに対して、左右非対称のことを「アシンメトリー」と言います。

・シンメトリー 左右対称
・アシンメトリー 左右非対称

シンメトリーの場合、左右対称だけでなく、上下対称、回転対称などといった意味もありますが、髪型や服装に関しては左右対称の意味で使われることが多いですね。

それに対してアシンメトリ-とは、左右非対称のことをいいます。

・髪型でしたら、正面から見て右側が長く、左側が短い、とか
・服装でしたら、左右で裾の長さが違ったり、とか
・ネイルでしたら、左右で違う色をつけていたり、とか

こんな感じで、左右非対称なことを「アシンメトリー」といいます。

アシンメトリーの難しさ

髪型にしても、服装にしても、アシンメトリーにするのはシンメトリーでいるよりも難しいですよね。

なぜなら、バランスを取るのがむずかしいから。

左右非対称であれば何でもかんでも「アシンメトリー」なのかといえば、そうではありません。

アシンメトリーに求められているのは、左右非対称であるにも関わらず

・美しくあること
・自然であること
・バランスが取れていること

なので、ただ単に左右非対称であればいい、というのではなく、左右非対称でありながら全体性を損なわないことが、髪型や服装のアシンメトリーに求められているのです。

こうなってくると、ちょっとハードルが高く感じてしまいますよね。

アシンメトリーとシンメトリーの印象の違い

・シンメトリー 左右対称
・アシンメトリー 左右非対称

ということで、相手に与える印象もだいぶ変わると思います。

特にシンメトリーの場合、左右対称ということで、完成された美しさがありますので、そこから何も手を加えることはあまり必要ではなくそのままでも十分通用します。

しかしながら、シンメトリーの場合「完成された美しさ」とういうことで、

・遊びゴコロがなかったり
・未完成の面白みがなかったり
・完成された窮屈さもあったり

と、いったような印象を与えている場合も多いですね。

逆に、アシンメトリーにおいては、左右非対称ということですので、

・未完成の楽しさ
・これからという期待感
・若さ
・未熟さ

と言った印象を与えてくれます。

この辺の違いが、シンメトリーとアシンメトリーが相手に与える印象の違いと言ってもいいのではないでしょうか?

なので、特に髪型においては、

シンメトリーは落ち着いた印象
アシンメトリーは若い未完成な印象

を与えますので、TPOに合わせて使い分けてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

アシンメトリーの意味ですが、ただ単に左右非対称というわけではなく、左右非対称でありながら、

・美しくあること
・自然であること
・バランスが取れていること

が求められています。

なので、シンメトリーよりも難しいのですが、逆に難しいからこそ、アシンメトリーの美しさを引き出すことができるのであれば、

センスいい!

となりますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>