窓際のベッドが寒い!私が試して効果のあった窓や壁の冷気対策3つ

スポンサーリンク

窓際のベッドが寒い…!

・窓や壁から冷気が伝わってくる
・窓の辺に明らかに冷たい空気がたまっている
・寒すぎて起きてしまうこともしばしば

と、悩んでいませんか?

以前安いワンルームのアパートを借りていたときのことですが、ここがめちゃくちゃ寒かった。

2階の角部屋ということもあり、隣は外!

その外の冷気が壁から窓からじわじわと伝わってきて、とてもじゃないけれど布団を何枚重ねても寒すぎて、明け方には起きてしまうようなことに。

調べてみたのですが、

・窓際のベッドが寒い
・ワンルームのベッドが寒い

といったことで悩んでいる人は、結構多くいるようですね。

そこで本日は、私が行った窓際の防寒対策を紹介します。

スポンサーリンク

1 まずは窓の隙間風対策を!

アパートも築年数がたってくると、だんだんとガタが出てきます。

それに無頓着で、「安ければいい!」ってな感じで、相場よりも若干安いアパートを借りたのが運の尽き。

以前借りていたアパートは、冬はとんでもなく寒かったです。

まあ、借りたのが夏真っ盛りでしたので、冬のことまでは考えていなかったのですが…。

とは言え、冬になってくると、寒い!寒い!

この寒さが続けば、

・体調を悪くしてしまうし
・仕事にも影響が出る

ということで、まずは窓際の防寒対策で一番効果のあったものを紹介します。

それは、「隙間テープ」です。

築年数がたっているアパートなので、どうしても窓から隙間風が入ってきてしまうんです。

そこで100均で購入した隙間テープを貼ることにしました。

これが意外にも、ハッとしてグッとくるんです!

寒い冬の明け方になると、どこからともなく忍び寄ってきては顔を撫でるあの隙間風が、その日以来ピタッと止んだのは、ちょっと感激しましたね。

追い打ちをかけるように冷気を防ぐ

隙間風が入ってこなくなったとはいえ、まだまだ寒い。

そこで次にした防寒対策が、「窓の部分を断熱する」ことです。

・断熱シート
・厚手のカーテン
・発泡スチロール
・プチプチ
・ダンボール

と、窓に貼ることで外の冷気を取り入れないものはいろいろな種類のものがあります。

この中で私が選んだのは、

・発泡スチロール
・カーテン

この2つ。

断熱シートを張っても、しょせん賃貸だし、ダンボールは結露するとベタベタに…、ということで、発泡スチロールを窓に貼り、そしてカーテンを厚手のものに変えました。

※画像のようにカーテンは窓より長いものを選ぶと、窓で冷やされた空気が流れてこないようになります。

窓とぴったりのカーテンを使っているのであれば、窓のサンの部分に使わなくなったバスタオルなどをおいて、冷気がカーテンの隙間から流れてこないようにしましょう。

しかし壁を触ってみると…

・隙間風防止テープ
・発泡スチロール
・厚手のカーテン

といった感じで、ベッドの窓の寒さ対策はバッチリ!

しかし、壁を触ってみると「ちゃんと断熱してあるの?」と言いたくなるような冷たさ。

角部屋はもう二度と借りない

と思ったのはこの時でしたね。(以来角部屋は借りていません)

とは言え「壁からじわじわ伝わってくるこの寒さをどうにか凌がなければならない!」ということで、使ったのが、発泡スチロールです。

ここでも発泡スチロール!

なんでかといえば、加工がしやすいからなんです。

ホームセンターに行けば、板状の発泡スチロールが売っています。

私が選んだのはそんなに厚いものではなく、厚さは10mmほどのもの。

これでまだ寒かったら、重ねたらいいさ

って感じで、厚さ10mm程度のものをホームセンターで購入してベッドと壁の間に貼り付けました。

厚さ10mmですが、コレが意外に効果があって以前のように、「壁が冷たい!」なんてことはなく、快適に睡眠をとることが出来るように。

当初の予定では、「効果が薄いようだったら重ねて使う」と思っていたのですが、そんな必要はなく、10mmの発泡スチロールで充分でした。

個人差や住んでいる地域によって寒さは違いますので、このへんは自分にあうように調節してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

 もう一度要点をまとめてみると、

◆窓の隙間風邪対策

すきま風防止テープを貼る。(100均で購入」

◆窓からの冷気を防ぐ

発泡スチロールとカーテンで、冷気が入ってこないように

◆壁からの冷気対策

発泡スチロールを壁とベッドの隙間に入れる

と、以上が、私が試して効果のあった冬のベッドの寒さ対策3つです。

また、ベッドを温めるのであれば、こちらの記事が参考になると思います。

電子レンジ湯たんぽのおすすめはゆたぽん!使い方と気になること8つ

しっかりと寒さに対して対策を取ることによって、暖房の効果も違いますので結果的に節電に繋がります。

しかも、十分な睡眠がとれますので、体調の管理もバッチリ!

もし冬のベッドが寒いのであれば、出来ることから試してみてください。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>