きな臭いとは?「きな」の意味はきな粉ではなく昔からあるあれ!

スポンサーリンク

「きな臭い」ってどういう意味?

・きな臭いの「きな」って?
・きな臭いの由来は?

って、普段なにげに使う「きな臭い」という言葉ですが、その意味や由来と言ったものはあまり知らないんじゃないでしょうか?

実際私もついこの前まで知りませんでした。

ですが、知り合いの子供に、「きな臭いって、どういうにおいなの?」ときかれて、うまく説明できずに、「なんか怪しいにおい」とごまかしてしまうことに…。

自分でちゃんとわかっていないと、人に対してもうまく説明できないんですよね。

なので、本日は「きな臭い」について調べてみました。

スポンサーリンク

きな臭いの意味は?

きな臭いの意味は、3つあります。

・こげくさい
・戦争や動乱が起こりそうな気配がする
・なんとなく怪しい

ふだん「きな臭い」という言葉使う分には、「きな臭い話だから油断するな」なんて感じで「なんとなく怪しい」という意味で使うことが多いと思います。

きな臭いの由来は?

「きな臭い」の「きな」の部分、ネットや本で見かかる時はひらがなで表記されていますよね。

この「きな」の部分を感じで表記すると、

・衣臭い
・木臭い

となります。

この2つのなかでとくに「衣臭い」がきな臭いの語源と言われています。

昔は、身につける服のことを「衣」(きぬ)とよんでいました。

普段は火のない場所に衣類を保存しておきますよね。

そんな火のない場所に保存しておいた衣類から焦げるような臭がする…汗や洗剤の匂いではなく、焦げるような臭い。

これはちょっと想定外で怪しいですよね。

そこから、「きな臭い」とは、

・なんだか怪しい
・疑わしい

と言った意味になっています。

ちなみに「衣臭い」ではなく「木臭い」でも由来は一緒。

普段木の焦げるような臭いのしないところで、木の燃えたような臭いがすると「えっ?火事かな?」となんだかあやしいですよね。

そのようなことから「きな臭い」は「なんだか怪しい」という意味で使われます。

まとめ

いかがでしたか?

普段使っている言葉でも、意外に語源や由来を知らないで使っている言葉って多いですよね。

あらためて知ってみて、

「えっ!こんな由来だったんだ!」

と、びっくりしてしまうこともしばしば。

しっかり意味や由来を知って間違えずに使っていきたいですね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>