キーボードがうるさい!ストレスで病んでしまう前にできる対策はこれ

スポンサーリンク

キーボードがうるさい!

・イライラしているのかな?
・そんなにアピールしなくてもいいのに
・注意したいけれど…

と、お考えではないでしょうか?

カタカタカタ!タンッ!

特に「Enterキー」を押す時に、得意顔に「どやっ!」みたいな感じで大きな音を立てて叩く人っていますよね。

そんなに強く叩かなくても、ちゃんと認識してくれるのに…。

そんなに強くキーボードを叩かれると、こちらも追い立てられる感じがして焦ってしまったり、なによりストレスを感じてしまうことも。

はっきり言って迷惑なんだけど、かと言って気まずくなるのが嫌なので、注意もできない・・・。

そこで本日は、他人のキーボードがうるさい時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

それとなく言ってみる

直接言うことができないのであれば、それとなく間接的に言ってみるのはいかがでしょうか?

コツとしては、

「キーボードがうるさいからやめてほしい」

ではなくて

キーボードを静かに打てる人はかっこいい

って方向性で。

具体的に言うと、

・キーボードの音が静かな人って仕事ができるイメージ
・あの人キーボード鳴らさないで仕事しているけど、アピールしていないところがなんかかっこいいよね。
・キーボードを鳴らさないと、「いつもの間に仕事終ったの?」と感心しちゃうよ
・キーボードばかり鳴らしても仕事ができないと無能だよね

などなど。

こんな感じでそれとなく言ってあげると、もしかしたら相手はそれを気にして、キーボードを叩く力に変化が出てくるかもしれませんね。

わざとらしくびっくりする

こども 驚く

カシャカシャカシャ、タンッ!

と、「Enterキー」を叩くときだけ、大きな音を立てるのであれば、「タンッ!」のときに、びっくりしたように「えっ?何?」みたいな感じで見てみるのみいのかもしれません。

一人ではなく、みんなで。

「カシャカシャカシャ、タンッ!」
「えっ?何?」

「カシャカシャカシャ、タンッ!」
「えっ?何?」(なんだ、キーボードか)

「カシャカシャカシャ、タンッ!」
「えっ?何?」(なんだ、またか…チェッ!)

(上に戻る)

と、さすがにこれくらいやると、「自分のキーボードの音がみんなに影響を与えている」というのがわかると思います。

上司に言ってみる

困った時は上司の相談!ですが、これにもコツがありますよ。

それは、「一人だけの苦情」ではなくて「大勢の人が迷惑している」ということを上司にしっかりと伝えるということ。

一人だけの場合であれば、

「他の人からはそんな苦情は来てないし、あなた自身が少し神経質になっているのかも」

と、言い返される可能性もありますよね。

なので、ここはあらかじめ同僚に根回しする必要がありますね。

一人だけが困っているのではなく、多くの人が困っている

という状況であれば、上司も動かない訳にはいきません。

なので、ここはただ単に上司に言うのではなく、「他の人も迷惑しているよ」という方向性で攻めてみてください。

キーボードを交換する

・それとなく言ってみる
・わざとびっくりする
・上司に言ってみる

と、ここまでやってもキーボードの打音が直らない場合は、キーボードの交換をしてみることをおすすめします。

・静音キーボード
・静音設計 キーボード
・サイレントキーボード

と、こんな感じで検索してみると、いろいろなキーボードがありますので、チャンスを作りながら交換してみてください。

キーボードを交換するチャンスとは、例えば、

・キーボードの上にお茶をこぼす
・キーボードの上にケーキを落としてしまう
・キーボードにゴミを詰める
・キーボードが壊れたことにする
・USBの部分にゴミを詰める

と、こんな感じ。

あくまで自然に、怪しまれない程度にやってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

耳栓をする」という意見もありますが、耳栓をすると通常の業務に必要な話し声や音まで聞き逃してしまう可能性がありますので、これはあまりおすすめできない方法です。

そして、最後に、あなたのキーボード音は大丈夫ですか?

もしかしたら、、あなたのキーボードの音もだれかのストレスになっているのかもしれませんので、一度仲のい会社の同僚などに聞いてみることをオススメします。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>