1ギガバイト(GB)は何メガバイト(MB)?ではパケットの場合は?

スポンサーリンク

「ギガバイト」って…何メガ?

・スマホのアプリなどでよく聞くけど
・「メガ」や「ギガ」って何?
・そもそも「バイト」って…

て、悩んでいませんか?

パソコンやスマホなど、コンピューター関連でよく聞く「メガバイト(MB)」や「ギガバイト(GB)」といった言葉、なんとなく記憶容量データ容量みたいなもの、とはわかっているけど…

でも人に聞かれると自信ないし、この際はっきりと知りたい!

そもそもバイトって何?
アルバイトではないよね・・・。

まさかアルバイトと間違える人はいないと思いますが、でもなんとなくしかわからない、って人も多いと思います。

ということで、メガバイトやギガバイト、バイトについてわかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそも「バイト」とは?

解決

そもそも「バイト」(Byte)って何?

と、まずはここがわからないと次にすすめませんよね。

1バイトとは・・・?

1バイトとは8ビットです。

はい!わかりません!(ドヤッ)

たしかにこの説明だけではわかりませんよね。

なので、まずは「ビット」から説明していきます。

「ビット」とは…コンピューターが扱うデータの最小単位です。

最小単位・・・いわゆる「0」と「1」のことで、2つのものを表すことができます。

オンとオフとか…でもこれだけじゃちょっと物足りないですよね。

なので、これをだんだん広げていきますね。

2ビットであれば、1層目が「0」と「1」の2種類で、2層目も「0」と「1」の2種類になります。

表してみると、

・00
・01
・10
・11

と4通りの表現ができます。(2✕2=4)

さらに3ビットであれば、8通り(2✕2✕2=8)

4ビットであれば16通り(2✕2✕2✕2=16)

8ビットであれば、「0」と「1」の組み合わせで、256通りの表現ができます。

この256通りの表現を「1バイト」としているのです。

8ビット=256通りの表現=1バイト

となります。

「256通りもあれば、いろいろなことができるじゃろ。これを、キリのいい単位にしようじゃないか!」

みたいなノリがあったかどうかはわかりませんが(多分ない)、「8」という数字は2を三回かけたものですし、コンピューターの容量を表すのには、都合がいい数字であることは確かですね。

もう一度繰り返しますと、

8ビット=256通りの表現=1バイト

となります。

これを踏まえて、いよいよメガバイトやギガバイトについて紹介していきますね。

1ギガバイト(GB)は何メガバイト(MB)?

FAQ

先程も書いたように、コンピューターは2をかけ合わせたのが大好きです。

2をかけ合わせていくと

2、4、8、16、32、64、128、256、512、1024

ちょうど2を10回かけ合わせれば、「1024」とキリの良い数字に近い数字が出るじゃん。

これ以上大きくしても、数字を数えるのが面倒くさいから、1024を使って行きましょうか・・・。

というやり取りがあったかどうかはわかりませんが(多分ない)、たしかに1024という数字は1000というキリの良い数字と近いので、ここで区切りを入れるのはいいアイデアですね。

ということで「1024倍」が基本、というのを覚えておいてください。

ここ、次の試験に必ず出ますよ!
できなかったら、グランド1024周!!!

と、これだけ1024と書けば、忘れないでしょう。

そう、データの容量の単位は1024倍すると、変わってきます。

1000gが1kgになるように

・1024バイトは1キロバイト(KB)
・1024キロバイト(KB)は1メガバイト(MB)
・1024メガバイト(MB)は1ギガバイト(GB)
・1024ギガバイト(GB)は1テラバイト(TB)

となります。

ちなみに、「テラ」の次は、「ペタ」「エクサ」「ゼタ」「ヨタ」と続きます。

では、パケットの場合は?

・パケット通信
・パケット料金
・パケット定額
・パケ放題

と、データの容量をを表す単位で、メガバイト、ギガバイトではなく「パケット」という言葉を聞いたことがあると思います。

この「パケット」という言葉も、データ容量を表す言葉なのですが、バイトに換算すると、どのくらいになるのかご存じですか?

実は、

1パケット=128バイト

となります。

まとめ

いかがでしたか?

なるべくわかりやすいように説明してみたのですが、わかっていただけたでしょうか?

もう一度おさらいすると、

データの最小単位は、「ビット」と言います。

「0」と「1」ですね。

これが、8階層にになると(8ビット)256通りの表現ができます。

これが、1バイト、となります。

8ビット=1バイト

そしてこれからは、1024倍ごとに単位が変わってきます。

・1024バイト=1キロバイト(KB)
・1024キロバイト(KB)=1メガバイト(MB)
・1024メガバイト(MB)=1ギガバイト(GB)
・1024ギガバイト(GB)=1テラバイト(TB)

順番に、「キロ」「メガ」「ギガ」「テラ」となります。

頭文字をとって、「キメギテ」と覚えましょう。(特に意味はない)

256色とか、1024通りなんて、言われてみればたまに使っているのを見かけるかもしれませんね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>