かわいい!見たことある!無料で似顔絵・アイコンが作成できるジェネレーター8選【見たことあるキャラクター編】

スポンサーリンク

twitterやfacebook、ブログをはじめているけど、自分の顔をweb上にさらすのはちょっと抵抗がある・・・って人多いと思います。

やはり個人情報の漏れなどにつながりかねない危険がはらんでいますので、よほどのことがない限り、ブログやtwitterで顔をさらすのは危険と思えますので、ここは一工夫するのが得策だと思います。ここで活躍するのが、似顔絵ジェネレーターです。

似顔絵ジェネレータの使い方を簡単に紹介しますと、顔の各パーツを好きに選んで顔に当てはめて、自分だけのオリジナルアバターを作ることができるwebサービスです。

今回は、このキャラクターどこかで見たことある!って見た人に思ってもらうように、漫画やアニメのキャラや、商品で使われているキャラクターの似顔絵ジェネレーターのみの紹介となります。

  • パズドラ風アイコンジェネレーターver2
  • ビオレママ顔メーカー
  • 植田まさし風 似顔絵ジェネレーター
  • ジョジョ顔メーカー
  • 箱ドット ジェネレータ
  • The Simpsomaker
  • SP STUDIO
  • コアラ顔メーカー
スポンサーリンク

パズドラ風アイコンジェネレーターver2

URL http://5509.github.io/IconGen/

スマホのゲームアプリで大人気の「パズル&ドラゴンズ」のモンスターアイコン風に加工できるアイコンジェネレーターです。

真ん中に好きな写真をいれ、属性やレベルを選んで自分だけのオリジナルアバターを作ってみよう。

ビオレママ顔メーカー

URL http://www.kao.co.jp/biore/biore-u/bioremamagao/

ビオレママっになろうっ!でおなじみのkaoさんが提供する似顔絵ジェネレーター。

ぱちくりとした目と、あごのないのが特徴的な個性的なアバタージェネレーターです。

植田まさし風 似顔絵ジェネレーター

URL http://blogs.yahoo.co.jp/retsuzangames/10876116.html

コボちゃんやかりあげクンでおなじみの、植田まさし先生風の似顔絵が作れるジェネレーターです。ぼーとしていてそれでいてどこか抜け目ない顔が特徴的。

ジョジョ顔メーカー

URL http://v-room.net/g/daijin/jojoface1100.html

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」風の独特の濃ゆい顔が簡単に作れるジェネレーター。アニメ系のブログやtwitterのプロフィール画像として使えそうですね。

箱ドット ジェネレータ

URL http://h071019.sakura.ne.jp/hakodot.html

どこかで見たことあるけど思い出せない・・・こんなキャラいた様ないない様な。すみません、年をとってくると記憶力が低下してくるのは、恥ずかしいことですね。

ドット絵のかわいい似顔絵が作れるジェネレーターです。

The Simpsomaker

URL http://milkandcookies.com/link/41026

シンプソン風の絵ができるジェネレーター。こちらは顔のみではなく、全身のアバターが作成できます。英語のみですが、割と簡単。

SP STUDIO

URL http://www.sp-studio.de/

こちらはサウスパーク風の似顔絵ジェネレーターです。こちらのサイトも英語のみですが、やり方は簡単。変えたい部分にカーソルを合わせてクリックすると、色々な種類のパーツが出てきますので、好きなのを選び色を決めるだけです。

コアラ顔メーカー

URL https://www.facebook.com/lottekoalamarch/app_452509574779180

こちらは、LOTTEコアラのマーチの似顔絵ジェネレーター。facebookアプリですのでfacebookにログインしていないと使えないのが残念なところ。

まとめ

 アニメキャラじゃなくもっと普通の似顔絵が作りたいなら、かわいい!見たことある!無料で似顔絵・アイコンが作成できるジェネレーター8選【普通編】が参考になると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>