スマホの画面が勝手に暗くなる原因はコレ!直し方も合わせて紹介

スポンサーリンク

スマホ

突然スマホの画面が暗くなった!

・あれ?おかしいな…
・とこも触っていないのに
・なんだか使いづらい

スマホの画面が突然暗くなってしまうと、「壊れてしまったのかな?」と、ちょっと心配ですよね。

確かに、壊れてしまってスマホの画面が暗くなってしまうことも考えられるのですが、故障以外の原因でスマホの画面が突然暗くなってしまうこともあります。

なので、本日は、スマホの画面が突然暗くなってしまった時の原因と対処法を紹介していきますね。

スポンサーリンク

エコモードになっている

スマホに搭載されている「エコモード」がオンになっていると、電池の消費量を抑えるため、エコモードに切り替わり、画面を暗くすることがあります。

スマホでyoutubeなどを見ていて、突然画面が暗くなる場合には「エコモード」が切り替わっている場合が多いですね。

エコモードが設定されているかどうかは、スマホの「設定」画面から確認することができます。

私のスマホの場合(SH-04G)では、

  1. 設定
  2. 省エネ&バッテリー
  3. エコ技認定

と、順番にタップしていくと確認できます。

電池残量が20%を切ると、エコモードに切り替わって画面が暗くなります。

エコモードが原因でスマホの画面が暗くなってしまう場合には、設定を変更するなどして対処してみてください。

バックライトの点灯時間が短い

スマホをある一定の短い時間操作していないと、画面が少し暗くなります。

この機能を「自動ロック」と言います。

この、「スマホを操作していないと自動で暗くなってしまう時間の間隔」ですが、変更することができます。

私のスマホの場合(SH-04G)では、

  1. 設定
  2. ディスプレイ
  3. バックライト点灯時間
  4. 時間の変更

の順番で簡単に直すことができます。

設定」→「ディスプレイ」とタップしていくと、「バックライトの点灯時間」という項目が出てきます。

この部分をタップすると、

このように「バックライトの点灯時間」を再設定できますので、自分の好みの時間を選んでください。

明るさの自動調節機能がオンになっている

・エコモード
・バックライトの点灯時間

を設定しても、まだ、スマホの画面が突然暗くなってしまう場合には、明るさの自動著説機能がオンになっている場合があります。

「明るさの自動調節機能」とは、スマホが周りの明るさを感知して自動的にその場所にあった画面の明るさにしてくれる機能なのですが…

初期設定のままであれば、もしかしたら自分にあった明るさではないかもしれませんね。

なので、一度調節してみましょう。

これも「設定」から変更することができます。

私のスマホの場合、「設定」→「ディスプレイ」と、順番にタップしていくと、「明るさのレベル」という項目が出てきます。

この部分をタップすると、「明るさのレベル」が出てきて、その中で「自動調節の基準」を変更することができます。

まとめ

いかがでしたか?

スマホの画面が勝手に暗くなってしまう原因3つとそれにあった対処法を紹介していきました。

もう一度、原因と対処法の要点をまとめてみますね。

◆エコモードになっている

エコモードになっていると、設定した電池残量になると自動的に画面が暗くなる場合があります。

対処法としては、

  1. 設定
  2. 省エネ&バッテリー
  3. エコ技認定

と言った感じで設定を変更してみてください。

◆バックライトの点灯時間が短い

スマホはある一定の時間操作しないと画面が少し暗くなります。

  1. 設定
  2. ディスプレイ
  3. バックライト点灯時間
  4. 時間の変更

といった感じで、これも設定の変更で直すことができます。

◆明るさの自動調節機能がオンになっている

「明るさの自動調節機能」とは、スマホが周りの明るさを感知して、自動的にその場所にあった画面の明るさにしてくれる機能なのですが…コレが初期設定のままであれば、もしかしたら自分にあっていないのかもしれませんね。

  1. 設定
  2. ディスプレイ
  3. 明るさのレベル

で調節することができます。

スマホによっては異なる言葉を使っている場合もありますが、こんな方向で操作していけば、スマホのが突然暗くなった場合は対処できると思います。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>