炭水化物と糖質の違いって?間違った認識はダイエット効果半減!

スポンサーリンク

炭水化物と糖質って何が違うの?

・ダイエットには炭水化物を抜いたほうがいい、ってよく聞くけど
・糖質制限ダイエットとも言うよね
・イマイチ違いがよくわからない…

って悩んでいませんか?

たしかに、「炭水化物」と「糖質」という言葉はダイエットにつきもので、しかも、「抜く」とか「制限する」といった感じで、控えるような方向でも一緒。

なので、

「炭水化物」と「糖質」を一緒に考えている人も多いのでは…?

ということで、本日は、「炭水化物」と「糖質」の違いについて紹介していきますね。

スポンサーリンク

「炭水化物」と「糖質」の違いとは?

質問

ご飯などの主食が炭水化物で、ケーキやお菓子などの甘いものが糖質…なんてよく聞くかもしれませんが、コレは間違いではありませんが、正解と言うにはちょっと言葉足らず。

糖質とは、炭水化物の中の一つなのです。

もちろん「糖質」なので、砂糖もそうなんですが、米や小麦、芋などに含まれているデンプンなども糖質ですし、果物にもまた糖質は含まれています。

糖質とは甘いものだけではないので、間違えないでくださいね。

ご飯だけでなく、パンやパスタも立派な「糖質」なのですよ。

なので、「炭水化物」と「糖質」の違いですが、まず結論から言うと、

炭水化物という大枠の中に、糖質と食物繊維が入っている

ということができます。

といっても、これだけだとわかりにくいので、表にしてみますね。

炭水化物
糖質 食物繊維

・ブドウ糖
・果糖
・デンプン
・グリコーゲン
など

・セルロース
・リグニン
・イヌリン
・ペクチン
など

なので、

・糖質制限ダイエット
・炭水化物抜きダイエット

に関しては、重なっている部分もあり同じように勘違いしているかもしれませんが、基本的には違いますので、気をつけてください。

「炭水化物抜きダイエット」と「糖質制限ダイエット」の違い

以上のことから、「炭水化物」と「糖質」の違いはわかっていただけたと思います。

そうなてくると気になるのが、

・炭水化物抜きダイエット
・糖質制限ダイエット

の違いなのですが、これは、

・炭水化物全部を抜くのが、「炭水化物抜きダイエット

であるのに対して、

・炭水化物の中の糖質だけを制限して食物繊維を取るのが、「糖質制限ダイエット

ということができます。

となってくると、ここで気になるのが、「ダイエットにおける、食物繊維の役割」ですね。

抜いてもいいの?それとも駄目なの?

ダイエットにおける食物繊維の役割

「ダイエットだから」というよりも、そもそも食物繊維は、体内でどのような働きをするのでしょうか?

食物繊維で腸内環境を改善…

なんて言葉、聞いたことがると思います。

まさしくその通りで、食物繊維は善玉菌を増やして腸内環境を整えるのが一番の仕事なのですが、これ以外にも食物繊維にはさまざまな働きがあります。

例えば、

  • 胃の中で水分を吸収して膨らむ
  • 血糖値の急激な上昇を抑える
  • 余分な脂肪を吸着して体外に排出する

胃の中で水分を吸収して膨らんでくれますので、少量でも満腹感を味わえることができますね。

また、食物繊維は余分な脂肪を吸着して体外に排出してくれますので、これまたダイエットにとても効果的!

なんせ「食物繊維ダイエット」なんて言葉があるくらいですので、食物繊維はダイエットの見方である、と言い切ってもいいかもしれません。

また、食物繊維はダイエットだけでなく便秘気味でお通じを良くしたい人にも効果的。

便秘となってくると、体内の毒素が思うように排出されず体の中に溜まっていきます。

なので、体の中に毒素が溜まっていくとそれが悪さをして、

・肌荒れを起こしたり
・髪の毛がぼろぼろになったり

と、いいことはありません。

「便秘が治ったら肌質も良くなった!」なんてことは、便秘で悩んだことがある人の「あるある」ですね。

なので私なりの結論としては、ダイエットだけでなく肌質改善や便秘解消のためにも「食物繊維」は必要である、ということができます。

では一体食物繊維をどのくらい取ればいいの?

1日にとるべき食物繊維の目安

次に1日に必要な食物繊維の量を紹介していきます。

とはいっても、身長や体重などで違ってきますので、あくまでも目安です。

  男性 女性
10代 13.6 12.4
20代 12.8 12.5
30代 13.7 12.6
40代 13.2 13.2
50代 15.2 15.8

(単位はg)

年齢を重ねるに連れて、必要な食物繊維が多くなっていることがわかると思います。

多めに見積もってみると、1日に必要な食物繊維の量は大体15g、と見ておけば間違いないでしょう。

(中には1日20gの食物繊維が必要、と言っている本やサイトもあります。)

では次に、食物繊維を多く含んだ貯めものを紹介していきますね。

食物繊維の多い食べ物

食物繊維を多く取ればいいよ、なんて言っておきながら食物繊維の多い食べ物を紹介しないのは、桑田がいないサザンのようなもの。

なので、食物繊維の多い食材を紹介していきますね。

食物繊維の多い食材 100g当りの食物繊維の量
・いんげん豆 13.3
・小豆 11.8
・おから 11.5
・きくらげ(乾) 57.4
・しいたけ(干し) 41.0
・納豆(大豆) 6.7
・にんにく 5.7
・モロヘイヤ 5.9
・グリンピース 5.9
・ごぼう 6.1
・ひよこ豆 11.6
・ゴマ 12.6
・アーモンド 11.9

などなど。

豆類に食物繊維が多いですね。
これ以外にも、食物繊維の豊富な食材はいっぱいありますよ~。

いろいろな種類の食材に食物繊維は含まれていますので、他の栄養素のバランスを考えながら摂取する事ができると思います。

まとめ

いかがでしたか?

長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。

◆「炭水化物」と「糖質」の違い

「炭水化物」と「糖質」の違いですが、これは、炭水化物とは、糖質と食物繊維のことです。

なので、「炭水化物抜きダイエット」と「糖質制限ダイエット」の違いも、食物繊維が深く関わっています。

・炭水化物抜きダイエット…炭水化物を抜いたダイエット(食物繊維を取らない)
・糖質制限ダイエット…糖質を制限するダイエット(食物繊維は取る)

となってきます。

◆食物繊維の役割

食物繊維は、腸内環境を改善するだけでなく、

・血糖値の上昇を抑える
・胃の中で水分を吸収して膨らむ
・余分な脂肪を吸着して体外に排出する

と言った役割がありますので、ダイエットだけでなく肌荒れなどにも効果があります。

と、以上のことをまとめて私なりの結論を出すと、ダイエットには食物繊維は必要と考えます。

なので、「炭水化物抜きダイエット」をするよりも「糖質制限ダイエット」でちゃんと食物繊維を取理ながらダイエットをしたほうがだんぜん効果が期待できると思いますよ。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>