バスタオルのカビの原因はこれ!子供でも出来る簡単な予防策あり!

スポンサーリンク

バスタオルにカビが発生してしまった…

・バスタオルに黒い点々が…
・なんだか臭う
・洗っても落ちない

ってお悩みではありませんか?

そうなんです!

知らぬ間にバスタオルに付いてしまっているあの黒い点々はカビなんです!

それをそのままで使うのは、 体にカビをこすりつけているようなもの…。

これではちょっと残念ですね。

いやいや、ものすごく残念!

なので、本日はバスタオルにカビを発生させないための予防策と、それでもカビが発生してしまった場合のカビの落とし方について紹介します。

スポンサーリンク

バスタオルがカビてしまう原因

質問

・バスタオルに黒い点々が…
・バスタオルがなんだか臭う

と言った症状があるのであれば、これは、「カビ」が原因である場合がほとんどです。

ただ、このカビですが…原因を根絶することはちょっと難しいですね。

・空気中に漂っているし
・体にもついていますし
・洗たく槽などにもついています

なので、バスタオルがカビてしまうのであれば、予防策としては、できるだけきれいな空間を保つのももちろんありなんですが、菌を繁殖させないことのほうが重要になってきます。

ご存知かもしれませんが、カビは、

・適度な水分(湿度であれば65%)
・適切な温度(20~30℃)
・栄養素

と言った条件があれば、爆発的に繁殖します。

残念ながら、バスタオルにはこの条件がしっかりと揃ってしまっているのです。

・お風呂上がりに体から拭き取った水分
・その時に体温から移ってしまう温度
・体から出る老廃物や洗剤のカス

と、これではカビに「繁殖してください」と言っているようなもの。

あらあらあら…。

ではどうすれば、バスタオルのカビは予防できるの?

バスタオルにカビを発生させないための予防策

タオル

バスタオルについてしまうカビの予防策はいくつかあるのですが、無料で一番簡単にできるのは、

使ったバスタオルは丸めてしまわないで、風通しの良い場所に干しておく

ことです。

・丸めて洗濯かごにポイっとしたり
・体を拭き終わったら、そのまま洗たく機の中に

なんてことをしていませんか?

これだと、カビの繁殖する原因の一つである「水分」がそのままになってしまいますので、カビが繁殖してしまうのも当然ですね。

なので、使い終わったバスタオルはなるべく風通しの良い場所に干しておいて、水分を飛ばしておきましょう。

先程も書いたように、カビが繁殖する原因は、

・適度な水分
・適切な温度
・栄養素

が必要になってきます。

そして、この中で出来る対策として一番簡単にできることが、「水分を飛ばすこと」です。

逆に言えば、温度管理なんてまずできないし、バスタオルに付いた栄養素ですが、これは体の老廃物などですので、バスタオルを使ったらすぐ洗うことで対処できるのですが、そのためだけに洗濯機を回すのはちょっと・・・。

なので、やはり使い終わったバスタオルは風通しの良い場所に干しておいて、水分を飛ばすのが一番簡単にできるカビ対策です。

しかしながら、しっかりカビ対策をしてもバスタオルがカビてしまった場合、どのようにすれば、カビを除去できるのでしょうか?

バスタオルのカビを落とす方法

こども 壁

せっかくカビが繁殖しないように工夫しても、カビはできてしまうもの…。

なので、バスタオルにできてしまったカビを根こそぎ取る方法を3つ紹介します。

・煮沸消毒(煮洗い)
・塩素系漂白剤を使う
・酸素系漂白剤を使う

それぞれ詳しく紹介していきますね。

・煮沸消毒(煮洗い)

通常カビは40℃以上になると死滅すると言われています。
(カビの種類にもよりますが)

なので、バスタオルのカビを消滅させたいのであれば、煮洗いをしてみましょう。

やり方は、

  1. 大きな鍋でお湯を沸かす
  2. 重曹や洗剤を入れる
  3. 沸騰したらタオルを入れる
  4. 10分ほどそのまま煮込む
  5. 最後は洗たく機で洗う

と、これだけ。

重曹や洗剤は説明書にかかれている量を入れてくださいね。

また、熱湯を使用しますので、トングなどを使ってやけどをしないように充分注意してくださいね。

ただ煮洗いの場合、カビは死滅しても色素は残ってしまうことがありますので、注意してください。

次に、塩素系漂白剤を使ったバスタオルのカビの落とし方を紹介します。

・塩素系漂白剤を使う

塩素系漂白剤を使ってバスタオルに付いたカビを落とすこともできます。

やり方は、

  1. 40℃くらいのお湯に塩素系漂白剤を入れる
  2. タオルを30~1時間ほど漬け込む

と、これだけ。

ただ、漂白力の強い塩素系の漂白剤を使う場合、

・タオルの色まで落ちてしまう
・独特の臭がする

などといった事も考えられますので、気をつけてくださいね。

とくに塩素系の漂白剤は体に有害ですので、蒸気を吸い込んでしまわないように風通しの良いところでやりましょう。

・酸素系漂白剤を使う

塩素系の漂白剤はニオイがきついし、色柄が落ちてしまうのが心配…

なのであれば、オススメしたいのが「酸素系漂白剤」です。

使い方は、

  1. ・40~60℃の充分な量のお湯を用意する
  2. ・規定量の酸素系漂白剤を溶かす
  3. ・20分以上つけ置きする

と、これも簡単ですね。

酸素系の漂白剤って、あまり馴染みがなく「どの程度の実力があるか」気になる人は、こちらの動画で確認してみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=rlWzqzLl3m0

私も酸素系の漂白剤を使っているのですが、バスタオルの嫌な臭いまでしっかり落としてくれますので、重宝しています。

【関連記事】
バスタオルが臭い!何回洗っても匂う原因と一発解消の裏ワザを写真で

 まとめ

いかがでしたか?

だいぶ長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。

◆バスタオルにカビが発生する原因

カビが繁殖する原因は、

・適度な水分
・適切な温度
・栄養素

の3つが必要になってきます。

◆バスタオルにカビを発生させないための予防策

バスタオルにカビを発生させないための予防策は、とにかく水分を飛ばすこと。

体を拭き終わったら、風通しの良いところに干してくださいね。

◆バスタオルのカビを落とす方法

・煮洗いをする
沸騰したお湯の中に洗剤と一緒に入れて10分煮込む

・塩素系の漂白剤を使う
40℃程度のお湯に塩素系漂白剤とバスタオルを入れ30~1時間ほど漬け込む
(蒸気を吸い込まないように風通しの良いところで行う)

・酸素系漂白剤を使う
40~60℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし、20分以上つけ置きする

と、これで我が家のバスタオルはカビ知らず~!

清潔なバスタオルを心地よく使っていきたいですね。

【関連記事】
柔軟剤の香りを長く残す方法7つ!洗濯中の一手間で香り長時間持続

 本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>