マットレスのダニ駆除方法!ダニアースがダメな理由も合わせて紹介

スポンサーリンク

マットレスのダニを除去したい!

・腕や足がかゆい
・布団は交換したばかりなのに
・ダニがいなくならないのはマットレスのせい?

と、お悩みではありませんか?

マダニの場合、成虫では5mmと大きいですが、コナダニとかチリダニって成虫でも0.5mm程ですので、とてもではないですけど目には見えません。

しかもマットレスであれば、丸洗いすることもできませんので、出来ることは限らてきますよね。

なので、ダニを完全にマットレスから追い出すためには、もっとダニの弱点をついた効果的な方法を実行しなければなりませんよ~。

ということで本日は、ダニの弱点をついた効果的な方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

掃除機で吸っただけでは、ダニは完全に除去できない

「ダニの除去」というと真っ先に思いつくのが、「掃除機で吸い取ること」ではないでしょうか?

たしかに、掃除機で吸い取ることで、

・ダニの死骸
・ダニの糞

と言ったものはキレイに吸い取れるし、ある程度のダニは掃除機が吸い取ってくれます。

しかしながら、「完全にマットレスのダニを吸い取ることができるか?」といえば、答えは「NO」です。

掃除機だけでは100%マットレスのダニを吸い取ることはできません。

特にマットレスの奥に住み着いてしまったダニに関しては、残念ながらそのままでいることが多く、掃除機の吸引力だけでは限界があります。

また、「天日干しもいいよ」といった意見もネット上ではよく見かけます。

たしかに紫外線には、「殺菌」や「除湿」などの効果もありますが、ダニに対して有効か?といえば決して有効ではありません。

理由は、「ダニが移動してしまうから

ダニは暗いところが大好きです、

なので、天日干ししたところで、マットレスの影や奥底に潜り込んでしまいますので、天日干しはダニにとってあまり効果がないですね。

ダニアースがおすすめできない理由はこれ!

ダニに対して効果がある、アース製薬の「ダニアース」ですが、これをマットレスに使うのはあまりおすすめできません。

アース製薬の公式サイトでは、

Q  

畳以外のもの、たとえばベッドマット・布団・ソファーなどに針を差し込んで噴射してもいいですか?

A

畳以外のものに針を差し込んで使用しないでください。

引用 ダニアースに関するよくあるご質問

といった発表がありますので、やはり本来の使い方以外での使用はやめておいたほうがいいでしょう。

では、どうすればいいの?

・天日干しや掃除機も効果が薄い
・ダニアースはメーカーが禁止している

となってくると、マットレスのダニ対策に関しては、出来ることがかなり限定的になってきますね。

そこで、ダニの苦手なものをもう一度おさらいしてみましょう。

ダニが大好物なものはご存知のように、

・湿気
・栄養(老廃物)
・暗闇

布団やマットレスではこれらの条件が揃いやすく、爆発的に繁殖してアレルギーの原因になったりします。

それとは逆に一般的にダニが苦手なものは、

・高温(50℃以上)
・湿度の低い場所

となっています。

なので、マットレスからダニを追い出したい場合、これらのことを意識して対策する必要があります。

例えばこの動画を見てください

https://www.youtube.com/watch?v=N0yJvYbj5rc

ダニは常温では、水に流してもどこ吹く風で、元気にダニ人生を謳歌していますよね。

なので、ダニをしっかり死滅させてやらないと、布団を洗濯してもほとんど意味が無いのがわかりますよね。

(ダニの死骸や糞などは洗い流すことができますが…)

しかし、50℃を超えた途端ダニは活動を停止します

チーン!

そしてそこから一気に掃除機で吸い取ることによって、マットレスについたダニを一掃できます。

なので、布団のダニを駆除するためには、掃除機で吸い取る前に布団をある程度の時間、加熱させておいてダニを死滅させることがとても重要になってきます。

大事なことなのでもう一度繰り返しますが、

マットレスを掃除機で吸い取っただけでは、ダニは100%マットレスからいなくなることはありません。

ボルタリングしているかのように、マットレスにへばりついて生きています

しかしながら、

マットレスを加熱することでダニは死滅しますので、ダニの死骸や糞などを洗い流すのであれば、その前に布団を加熱してダニを殺しておくことが肝心。

ダニを死滅させたいのであれば、「加熱」がとても重要なんです。

でも、どうやってマットレスを加熱させたらいいの?

 マットレスを加熱、乾燥させる

マットレスを加熱、乾燥させるのにオススメなのが、「布団乾燥機」を使うことです。

とはいっても、布団乾燥機を使っただけでは、加熱していない場所にダニが逃げていきますので、徹底的にやるのであれば、マットレス全体をくるんでおきたいところ。

そこでオススメしたいのが、AD-X80の「ヒートパンチマット」

これでマットレス全体をくるんで、くまなく加熱することでマットレスの奥底に潜り込んだダニを完全に死滅させることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=3ZAofavM0qQ

先程も紹介したように、ダニは50℃で完全に死滅します。

しかしながら逃げ場あると、そこに逃げていきますので、布団やマットレスから完全にダニを除去したいのであれば、「ダニの逃げ場をなくすこと」が重要になってきます。

なので、従来の布団乾燥機では布団をくるむことはできませんので、ダニを死滅には一定の効果がありますが、「完全に死滅させる」にはちょっと無理があります…。

ですが、今回紹介した三菱のAD-X80の「ヒートパンチマット」であれば、完全にくるむことができますので、ダニの逃げる場所がなく、その結果、ダニを完全に死滅させることができます。

気になる「ヒートパンチマット」のサイズですが、2100x2050(mm)ですので、ほとんどのマットレスには対応していると思います。

ですが、購入する前にはちゃんと「ヒートパンチマット」でくるむことができるかどうか、事前に確認しておいてくださいね。

まとめ

いかがでしかた?

長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。

◆掃除機や天日干しをしただけでは、マットレスのダニは完全に除去できない

ある程度の効果はありますが、「完全に除去」というのは無理です。

◆ダニアースは効果があるが…

ダニアースはダニに対して効果がありますが、畳専用ですので、マットレスに使用するのはメーカーが禁止しています。

◆ダニの苦手な物

ダニは、高温(50℃以上)、乾燥が苦手です。

◆布団乾燥機がとても有効

布団乾燥機で50℃以上に温めてやることで、ダニは死滅します。

ですが、マットレスに暖まっていない部分がるとそこにダニが逃げてしまいます。

そこでオススメしたいのが、三菱の「AD-X80」です。

これでマットレスを包んで乾燥させることで、ダニの逃げ場はなくなりますので、ダニを完全に除去できます。

快適な睡眠環境を作るために、布団やマットレスはいつも清潔にしておきたいですね。

 本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>