Windows10で言語バーを表示させたい!やり方を画像でわかりやすく紹介

Windows10で言語バーを表示させたい!

・言語バーが消えた
・日本語入力できない
・どうしたら言語バーを表示させることが出来るの…

と、お悩みではありませんか?

たしかに言語バーって、普段はあまり気にならないのですが、消えてしまうとその重要さに気付かされますよね。

まるで、お母さんみたいな存在…といったら言いすぎでしょうか。

とは言え、一刻もは早く消えてしまった言語バーを復活させてちゃんといつもどおり使うように戻しておきたいですよね。

もちろん簡単に戻すことができますよ!かかった時間はおおよそ5分くらい。

それではさっそく言語バーを表示させる方法を紹介していきますね。

スポンサーリンク

Windows10で言語バーを表示させる方法

パソコンを起動させた時に画面の左下に見える「スタートボタン」をクリックしてください。

画像でいうと、①の部分です。

そうすると、「よく使うアプリ」から順番に一覧で表示されてきますので、その中の「W」の欄の「Windowsシステムツール」をクリックしてください。

画像で言うと②の所です。

そうすると、

・PC
・エクスプローラー
・…

と出てきますので、その中の「コントロールパネル」をクリックしてください。

画像の中では③の部分です。

そうすると、コントロールパネルが表示されます。

コントロールパネルが表示されたら、「時計、言語、および地域」のカテゴリの「言語の追加」をクリックしてください。

そうすると、「言語の設定の変更」とでてきます。

この画面の左にある「詳細設定」をクリックしてください。

そうすると、詳細設定が表示されますので、その中の「入力方式の切り替え」という項目の中の「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」という部分にチェックを入れて、その右にある「オプション」をクリックしてください。

そうすると、「テキストサービスと言語入力」という表示の中に、

・デスクトップ上でフロート表示にする
・タスクバーに固定する
・表示しない

と、でてきます。

「タスクバーに固定する」を選ぶと、タスクバーの中に固定されて表示されますが、今回は、「デスクトップ上でフロート表示する」を選んでみてみますね。

最後に、「OK」を押して、設定を保存すると画面に言語バーが現れます。

こんな感じです。

このままでもいいし、画面の好きな場所に移動させることもできます。

もちろん、ドラッグアンドドロップでタスクバーに入れることもできますよ!

まとめ

いかがでしたか?

長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。

  1. 画面左下の「スタートボタン」をクリック
  2. 「Windowsシステムツール」をクリック
  3. 「コントロールパネル」をクリック
  4. 「言語の追加」をクリック
  5. 「詳細設定」をクリック
  6. 「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」という部分にチェックを入れる
  7. 「オプション」をクリック
  8. 「フロート表示」か「タスクバー」を選択する
  9. 「OK」をクリック
  10. 「保存」をクリック

と、長くなってしまいましたが、見つけてクリックするだけの簡単作業ですので、全部あわせても、で5分もかかりません。

快適なパソコン環境で効率のいい仕事をするためにも、ぜひやってみてください。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ