「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の違いは?正しく使い分け

スポンサーリンク

大事な場面だからこそ失敗したくない。

お通夜や告別式など、葬儀の場でよく使われる

・ご愁傷様です
・お悔やみ申し上げます

この二つの言葉の意味と違い、知っていますか?

もちろん、こういった言葉は形式化されていて、周りに合わせてテンプレート通りに使っていればマナーとしては問題ないのですが…

ちゃんとその言葉の持つ意味を知ることで、間違ったつかいかたをしなくなりますので、ちゃんと知っておきたいところ。

なので、今回は、「ご愁傷様です」と「お悔やみ申し上げます」の二つの言葉の意味と違いについて紹介していきますので一度確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

「ご愁傷様です」の意味は?

ご愁傷様の「愁傷」とは、嘆き悲しむという意味があります。

もちろん、お通夜や告別式などの葬儀の場でマナーとして使ってもいいのですが、それ以外にも、よく使われる意味としては、

・休日出勤とはご愁傷様ですね
・テストのできが悪くて追試とはご愁傷様

みたいな感じで、「状況を嘆き悲しむ」という意味から転じて、運の悪さをからかうような場面で使う事が多いですね。

葬儀に参加する機会の少ない若者たちの間ではこちらの意味の方が主流ですが、もともとはそういったからかいの意味はありません。

「嘆き悲しむが」本来の意味であり、そこから「…なので、運の悪さをからかう」というのが後付されたと言われています。

もしかしたら「運の悪さをからかう」という意味しか知らないのであれば、

「葬儀という冗談の通じない場面において、こういった言葉はちょっと不謹慎なので、言い換えたほうがいいのかな?

なんて思い、使うのをためらってしまいがちですが、故人のい遺族に対して使っても大丈夫ですよ。

「お悔やみ申し上げます」の意味は?

「お悔やみ申し上げます」とは文字通り、「悔やむ=残念がる」に「お」と「申し上げます」を付け加えて丁寧にして相手に伝える言葉です。

お通夜や告別式と言った葬儀の場面においては、「悲しい知らせにとても残念です」と言った意味ですね。

「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の使い分け

「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の使い分けですが、まず最初に結論から言うと、この二つの言葉はお通夜や告別式など葬儀の場でどちらを使っても構いません。

大丈夫ですよ。

そしてさらに、

この度はご愁傷様です。突然の訃報で驚いております。お悔やみ申し上げます。
と、続けて両方使うのも大丈夫です。

ですが、気をつけてほしいこともあります。

慣例(マナー)としては、「お悔やみ申し上げます」は弔電(お悔やみ電報)と遺族の会話のどちらでも使えますが、「ご愁傷様です」に関しては、遺族の会話のみで使うようになっています。

弔電(お悔やみ電報)に使っていいのは、「お悔やみ申し上げます」だけ。

なので、弔電(お悔やみ電報)と一緒で、メールやLINEに置いても、会話のみで使う「ご愁傷様です」は使わず、「お悔やみ申し上げます」だけ使うようにしましょう。

「ご冥福をお祈りします」は、遺族に対して使ってはいけない

・ご愁傷様です
・お悔やみ申し上げます

と一緒に使われる言葉として、「ご冥福をお祈りします」という言葉があります。

この言葉の意味はもともと、「死後の幸福を祈っている」という意味ですので、遺族に対しての言葉ではなく死者に対する言葉なのです。

なので、遺族に対して使うのは厳密に言えば間違っています。

そして、「ご冥福」とはもともとは仏教の言葉。

なので、お亡くなりになった人やその家族が神道やキリスト教といった場合には、デリケートな問題であり、マナーとして失礼に当たります場合がありますので、注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

先程も書いたように、遺族に対しては、

・ご愁傷様です
・お悔やみ申し上げます

と言った言葉は両方使えますが、訃報(お悔やみ電報)に関しては、使っていいのは、「お悔やみ申し上げます」だけ。

なので、メールやLINEなどで悲しみを表すときにもそれにならって「お悔やみ申しあげます」だけ使うようにしてくださいね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>