雑巾以外が雑巾臭い原因はこれ!すぐ出来る簡単な対策法も紹介

スポンサーリンク

なにこれ…雑巾臭い

・タオルや衣類から雑巾と同じニオイが…
・洗濯しても臭う…
・何回洗濯してもニオイがとれない

と、お悩みではないですか?

以前のことですが、バスタオルから雑巾のようなニオイがする・・・ということがありました。

雨が多い季節だったので、最初の頃は、室内干しが原因かな?なんて思っていたのですが、梅雨の季節がすぎてもなんだかバスタオルはクサイまま・・・。

いろいろ調べた結果、これは部屋干しや洗剤が原因ではない!ということがわかりました。

ということで、本日は、雑巾以外が雑巾臭い原因の紹介と、その対策方法について紹介していきますね。

スポンサーリンク

雑巾以外が雑巾臭い原因はこれ!

雑巾じゃなくても雑巾臭い…のであれば、それは、モラクセラ菌(の排泄物)のせいなんです。

このモラクセラ菌なんですが、実は雑巾だけについているのではありません。

色々なところに存在しているのですよ。

例えば、身近なところといえば、口腔・上気道の粘膜に存在しているのです。

口の中にいるとは・・・これでは、モラクセラ菌のない生活、というのはちょっと難しいですよね。

しかも、モラクセラ菌に限らずいろいろな菌は、洗濯しても100%落とすことはできないんです・・・。

「洗濯したらキレイになる」と思いがちですが、残念ながら洗濯だけでは、汚れや雑菌は100%落とすことはできません。

若干ですが、洗濯物の中に残ってしまいます。

それが洗濯物に含まれている水分だったり、落としきれなかった体から出た老廃物を栄養にして、グングン繁殖していくのです。

(そして最悪の場合、体にニオイが移ってしまって、体がなんだか雑巾臭くなってしまうことに…。)

なので、「何回洗ってもニオイがとれない」なんて場合には、洗濯機や洗剤が悪いのではなく、仕方のないことなのかもしれませんね。

そして逆に、ニオイが取れないからと言って、揉み洗いしすぎると、今度は衣類が傷んでしまいますのでこの辺は気をつけておきたいところ。

こんな感じで、洗濯だけでは菌を100%落とすことはできませんので、洗濯以外に私達が次にできる手段としては、

・菌を繁殖させないこと
・菌を死滅させること

になってきます。

これについては次章でわかりやすく紹介していきますね。

雑巾のような臭いを出さないための対処法

雑巾じゃないものまで雑巾のような臭いがする…のであれば、これはモラクセラ菌(の排泄物)が原因と紹介しました。

このモラクセラ菌に対しての対処法として有効なのが、「煮沸消毒」です。

モラクセラ菌に限らず、雑菌は熱に弱いので、煮沸消毒をすると以外に簡単に死滅してしまいますよ~。

やり方は簡単!

・60℃以上のお湯に洗濯物を漬け置きしておく。
・時間はお湯が冷めるまで。
・洗濯洗剤や酸素系の漂白剤を入れるとより効果的!

塩素系の漂白剤は除菌効果が高いのですが、色落ちもしてしまいますのでおすすめは酸素系漂白剤ですね。

酸素系漂白剤って、こんな感じのものです。

https://youtu.be/WhNLITCO1AA

たったこれだけのことをするだけでモラクセラ菌は死滅してしまいますので、例えば、バスタオルが雑巾臭い…なんて場合には、煮沸消毒がとても有効ですよ。

 まとめ

いかがでしたか?

長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみると、

◆雑巾じゃないけど雑巾臭い原因はこれ

雑巾じゃなくても雑巾臭い…のであれば、それは、モラクセラ菌(の排泄物)が原因なんです。

モラクセラ菌に限らず、いろいろな菌は洗濯だけでは100%落とすことは不可能なんです。

◆雑巾のような臭いを出さないための対処法

モラクセラ菌に対して有効なのが「煮沸消毒」です。

やり方は、

・60℃以上のお湯に洗濯物を漬け置きしておく。
・時間はお湯が冷めるまで。
・洗濯洗剤や酸素系の漂白剤を入れるとより効果的!

となっています。

酸素系漂白剤は、生活の色々な場面で使えますので一つあると便利ですよ!

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いただき、ありがとうございます。 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>