次男と二男の違いはあるの?戸籍謄本などで使われているのはこっち!

スポンサーリンク

 

次男と二男の違いはあるの?

・どっちが正しいの?
・戸籍謄本などで正式に使われているのは?

と、お悩みではないですか?

たしかに普段であればあまり気にしない「次男」と「二男」の違いですが…

どっちでもいいのかな?と思いつつも、もしかしたら違いがあるのかもしれない!

戸籍謄本などの公式な文書においては、片方だけで統一されているのかもしれないかも…ということで、本日は、「次男」と「二男」の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

「次男」と「二男」の違い

「次男」と「二男」ですが読みにすると、どっちも同じ「じなん」となります。

実際にこの文章を書いているときにも「じなん」をキーボードで打って変換させると「二男」と「次男」の2つが変換候補に出てきています。

「次男」と「二男」は読みは同じですが意味に違いはあるのか・・・ですが、これも結論からすると、意味的にもどっちも同じ「二番目に生まれた男の子」と指す言葉なんです。

「次男」と「二男」ですが、読みも意味も同じとなってくると、どんな場面でも同じように使ってもいいの?と思いがちですがそうではなく、一つだけ気をつけてほしいことがあります。

それは、戸籍謄本など、市役所などで使われている文書においては「次男」ではなく「二男」を使わなければならない、とのこと。

間違えて「次男」と記入すると「二男」に訂正してください、と言われますので、気をつけてくださいね。

これについてですが、二男の次には三男、四男と続いてきますよね。なので、二男においても「次」ではなく「二」を入れるようになったようです。

つながりが見えてくると覚えやすいのではないでしょうか?

でもこうなってくると、「だったら長男も一男にしないの?」と思われがちですが、そうではないのがまぎらわしいところ。

長男は戸籍謄本においても「一男」ではなく「長男」なんですよ。

まぎらわしい・・・。

また、「次女」と「二女」においても同じことが言えます。

戸籍謄本等においては「次女」とは表さずに「二女」と漢数字を当てはめるのが正しいとされていますよ。

まとめ

いかがでしたか?

普段使うのであれば、二男(二女)でも次男(次女)でもいいのですが、戸籍謄本等の書類となると、二男(二女)しか使うことができない、というのはちょっと不便でもありますね。

めったにあることではありませんのでなおさら、忘れがちですよね。

また、間違えたとしても、役所の人が丁寧に教えてくれますので、あまり気にする必要もないかもしれませんが、こういったうんちくも覚えておいて損はないはず、です。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>