結婚式で新郎新婦の友人代表としてスピーチするときに、失敗しないためにおさえておきたいマナーと禁句(例文あり)

スポンサーリンク

結婚式は、新郎新婦だけでなく、その家族や親戚といった周囲の人たちも巻き込んだ一大イベント。きてくれたすべての人に「あの結婚式は楽しかった」「あの結婚式は感動した」などと、いい印象を持ってもらいたいものですね。

そんな中、友人代表としてスピーチを頼まれたとき、その結婚式を盛り上げるために「いっちょやったるか~!」と、一肌脱いでみてはいかがですか?もちろん結婚式の主役は新郎新婦ですので、そこはわきまえて。

新郎新婦の友人代表としてスピーチすることは、数ある友人の中でも選ばれた人しかできない光栄なもの。

それを「やったことがないから」とか「はずかしいから」などといっては、もったいない!ここは一肌脱いで、悲しみや喜びを共にした友人の結婚式を彩る一輪の花になってみてください。

そんな友達思いの人のために、結婚式で新郎新婦の友人代表として、スピーチするときにおさえておきたいマナーと禁句を(タブー)を紹介します。

  • 結婚式の前に準備するもの
  • テーブルマナー
  • やってはいけないこと
  • スピーチの原稿を書くコツ
  • 例文
  • まとめ
スポンサーリンク

結婚式の前に準備するもの

  • スピーチの原稿
  • タイムスケジュール確認

まずは、スピーチの原稿です。原稿用紙2~3枚分くらいのスピーチを用意しましょう。時間にして3~5分くらい。これより短いと会場に来てくださる皆様は物足りなく感じますし、これよりも長いと飽きてきます。

長くもなく、短くもなく3~5分くらいに収まる感じで原稿を作ってみてください。

原稿を書くコツは後述しますのでおいといて、原稿以外に結婚式の前に準備しておきたいことはタイムスケジュールの確認です。

どのタイミングでスピーチをするのか前もって確認しておいてください。そしてできればテーブルからマイクまでの行きかたも事前に頭に入れておけば、当日あせらずにすみますね。

テーブルマナー

指名されて立つときは、一呼吸おいてゆっくりナプキンをたたんで立ち上がり、マイクに向かって歩いていきます。(式によっては、次にしゃべる人はマイクの脇にスタンバイしているところもあるようですね)

このとき、椅子をテーブルの下に戻すのを忘れないでくださいね。歩くときも急がずあせらず落ち着いて。

マイクの前に着いたら一礼します。

やってはいけないこと

箇条書きにします

  • 髪をいじらない
  • 休めの姿勢はとらない
  • マイクは持たない
  • 昔の恋愛話、暴露話、自慢話、下ネタは話さない

特に下ネタは100パーセントスベると思ってください。

また、話す内容をど忘れしてしまって、原稿を見るのはかまわないのですが、そのときはこそこそせず堂々と原稿を確認してください。

スピーチの原稿を作るコツ

原稿を作るコツとしては、目安としては3~5分

最初に自己紹介です。あくまでも結婚式の主役は新郎新婦ですので、ここはサクッと行きましょう。

「ただいまご紹介に預かりました新郎(新婦)の友人の○○です。」

次に祝辞を述べます。

「××、△△さん、結婚おめでとう!またご両家の皆様方におかれましても心よりお祝い申し上げます。」

ここで新郎新婦の親族に礼をするのを忘れずに!

さてここからが、腕の見せ所。

新郎(新婦)のエピソードを入れていくわけですが、誰でも知っているようなエピソードですと、先に言われてしまうことがあります。ですので、自分しか知らないものを用意してください。友人代表としてスピーチするのですから、それなりに歴史があり、逸話のストックもあるでしょう。それを使ってください。

まず最初は、新郎(新婦)との出会いとか、どのようにに仲良くなったのかを話して見るのもいいでしょう。

次に苦労話がいいかなと思います。苦労して達成した、乗り切った話を持ってきます。これは締めの言葉への導線ですね。

そして最期は感謝の言葉です。「苦労して達成したからこれから先、どんなことがあっても乗り越えられる、きっといい生活を築くとお思います。△△さん、××をこれからもよろしくお願いします」ってな感じでまとめてみてはいかがでしょうか?

例文

「ただいまご紹介に預かりました新郎(新婦)の友人の○○です。

××、△△さん、結婚おめでとう!またご両家の皆様方におかれましても心よりお祝い申し上げます。

私が最初に××とあったのは、高校一年の時です。

最初の第一印象は、おとなしくて物静か、落ち着いている人だな~と思いました。実際話してみると、その逆!騒がしいやつでよく担任の先生に怒られていましたっけ。

その出会いから10年以上。××と色々なことをやってきました。喧嘩もしたり馬鹿もっやたり。そんななかでいきなり××は「◆◆大学に合格する!」なんて言い出したときは、びっくりしました。

どちらかといえばガリ勉グループでない××がいきなり「◆◆大学に合格する!」と言い出したんですから。そこからの××の頑張りはすごかったです。その情熱があって見事××は◆◆大学に合格しましたし、その脇にいた僕も彼の情熱に煽られて、大学に合格することができました。

僕は、今日、この場を借りて彼にどうしても言いたいことがあります。

大学受験のときだけでなく、そのほかの人生の色々な場面において、「もうだめだ!」と思ったとき、とてつもなく落ち込んでいたときに彼に相談して、彼の言葉や前向きな情熱で救われたことが何回かありました。

男同士だから照れくさくて言えなかったけど、あの時は本当にありがとう!

あの情熱があれば、これからの人生どんなことがあっても乗り越えられると思います。ただ前向きすぎて周りが見えなくなることもしばしば。そんなときは△△さん、××をよろしくお願いします。

末永くお幸せに・・・。

以上をもちまして、友人代表のスピーチとさせていただきます。

ありがとうございました。

まとめ

結婚式の友人代表のスピーチの例文としてちょっと短いかもしれませんが、物語の筋書きとしては
祝辞⇒出会い⇒エピソード⇒感謝⇒将来を称える、とオーソドックスなスタイルだと思います。

出会いにはエピソードへの伏線、エピソードには感謝につながるポジティブなものを考えておけば、文章としても繫がりがいいですので、エピソード中心に考えてみると意外に簡単です。

最後に、結婚式では新郎新婦が主役ですので、あまり気取りすぎたりでしゃばりすぎたりしないようにするのを心がけてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>