【最大15%OFF】ジョイフルの4つの割引方法(クーポン)まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョイフルをお得に利用したい!

「ジョイフル好きだから結構利用しているよ」

って人も多いと思います。

私も、ジョイフルは近くにあることもあり、結構な頻度で利用しています。

なので、

できればお得に利用したい!

というのが本音。

そこで今回は、ジョイフルの割引クーポンについて調べてみました。

1 会計時にもらうクーポン
2 日替わりランチを狙う
3 ジョイフルモバイルサイト
4 株主優待券

それぞれ詳しく紹介していきますね。

1 会計時にもらうクーポン

ジョイフルに行くと、会計のときにたまにもらいますよね。

紙のクーポン。

もらったときは使えないのですが、次の食事からが使えるようになっています。

ドリンクバーの割引クーポン。

この「紙のクーポン」ですが、意外に使えますよね。

2 日替わりランチを狙う

ジョイフルを利用するのであれば、「日替わりランチ」が狙い目。

日替わりランチの時間帯は、

10:00~15:00となっています。

結構長い時間、ランチタイムをやっていますね。

・単品 390円 税込422円
・ドリンクバー付き 490円 税込530円

で、メニューは、

こんな感じ。

コンビニの弁当を買って食べるよりも

「ボリュームが有って安い!」

と思うのは、私だけではないはず。

なので、

私の場合、ジョイフルのランチタイムサービスはよく利用していますね。

3 ジョイフルモバイルサイト

ジョイフルでは、モバイルサイトの登録してくれた人にクーポンを配信しています。

ジョイフルの公式サイトでは、「EPARK Card Book」のアプリを紹介していましたので、コチラをちょっとだけ紹介しますね。

まずはコチラのアプリをインストール。

お財布スッキリ!クーポンたっぷり!CardBook☆
お財布スッキリ!クーポンたっぷり!CardBook☆
開発元:EPARK,Inc.
無料
posted with アプリーチ

 そして、

・名前
・生年月日
・パスワード

などなどを登録すると、こんな感じの画面になると思います。

ジョイフルだけでなく、さまざまな飲食店のクーポンに対応しているクーポンアプリですね。

上の検索窓に「ジョイフル」と入力してみると、自分の住んでいる地域にあるジョイフルの一覧が出てきます。

その中で、好きなお店を選ぶと、

Screenshot_2017-02-08-01-31-47

こんな感じでクーポンがでてきます。

ジョイカフェのチケット(割引券)ですね。

ジョイフルのアプリ自体は探してもなかったのですが、クーポンはこんな感じで配布されていますので、つかってみてはいかがでしょうか?

4 株主優待券

ジョイフルの株を持っていると、年に2回、株主優待特典として、レストランで利用可能な食事券がもらえます。

・12月末日
・6月末日

株を持っているだけで、年に2回、食事券がもらえるのですから、低金利な銀行に預けているよりもお得ですよね。

とはいっても、株ですから企業の業績に左右されることもありますが・・・

しかしながらこの優待割引は魅力。

優待内容は、

100株以上 お食事15%割引券(5枚)
500株以上 お食事15%割引券(10枚)
1,000株以上 お食事優待券(500円券20枚)

となってます。

まとめ

いかがでしたか?

ジョイフルの割引クーポンで一番オススメしたいのは、「株主優待」ですね。

15%OFF、ということなので、一人で使う分にはあまり割り引きの恩恵をうけることはできないですが、大人数で使用すると結構な割引になると思います。

ジョイフルの株主優待ですが、ヤフオクなどのオークションサイトにも少数ですが出品されていました。

よくジョイフルを利用するのであれば、持っていてもいいのではないでしょうか?

また、今回調査した中では、

・JAF
・デイリープラス
・グルーポン
・ポンパレ
・ホットペッパー
・食べログ

といったクーポンサイトも調べてみましたが、ジョイフルの割引クーポンはなかったです。

ちょっと残念!

今後に期待したいですね。

最後に、この記事は2017年2月現在の記事です。

最新情報は各サイトで確認お願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>