中学生必見!親にスマホを買ってもらう5つの説得方法!

スポンサーリンク

スマホが欲しい!!!

親に何度言っても、なかなか首を縦に振ってくれない。

そんな親を説得するために、感情論で「欲しい!欲しい!」といってもあまり効果がないのは、何回もやっているので明らか。

ここは1つ、攻める切り口を変えて、データや証拠を元に、論理的に親を説得していって、スマホを買ってもらおうではないか!

ということで、本日は、スマホが欲しい日本の小学生、中学生、高校生に向けた、親にスマホを買ってもらう5つの戦略を伝授したいと思います。(高校を卒業したら、自分で買いましょう)

例えば親はこう思っているかもしれないですね。

スマホばっかりして勉強しなくなるかも・・・とか、
へんな出会いが怖い・・・とか、
課金で多額のお金を使いそうで怖い・・・。

親は親で、こどもにスマホを買い与えない理由があります。、

その親のこだわりを、1つずつ取り除いていって、最終的にスマホを買ってもらう為の方法をこれから1つずつ書いていこうと思います。

親の言い分に対して、しっかりとした証拠や対策を出し、最終的にスマホを買ってもらいましょう。

本日の記事内容はこちら↓

  1.  成績が落ちるのが心配だから
  2.  周りのみんなが持っていないから
  3.  スマホの毎月の使用量が馬鹿にならないから  
  4.  課金で多くのお金を使いそうだから
  5.  へんな出会いが怖いから
  6.  まとめ  
スポンサーリンク

1.成績が落ちるのが心配

やはり親としては、自分の子供がスマホに夢中になって、子供の成績が落ちてしまうのがとても心配。

これに対して、できる対処法は、「成績を上げること」が一番だと思います。

この、子供の成績が落ちてしまうのがとても心配と言う親の意見には、付け入るスキがあります。それは、「成績が上がったらスマホを買う」と言う約束を取り付けることです。

そして一生懸命がんばることです。シンプルですが、成績が落ちるのが心配な親には、結構効きます。

親としても、がんばる人は応援したいものですよ。

2.周りのみんなが持っていないから

中学生にもなると、周りの同級生も半数以上はスマホを持っているのではないでしょうか?

スマホをもている人ともっていない人が半分半分・・・。

そこで親に「スマホを買って」と切り出しても、「あの子はまだ持っていないから」と、持っていない人を証拠に上げてなかなか買ってくれません。

では全国的にスマホの所有率はどうなっているのでしょうか?って疑問に思いますよね。

私が以前調べたデータによると、
小学生のスマホ所持率 40.8%
中学生のスマホ所持率 62.1%
高校生のスマホ所持率 99.0%
となっています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

中学生?高校生?スマホ(携帯)はいつから?ルールや約束・必要性は?
「お父さん(お母さん)、中学校に入学したら、スマホ買って!」とか、 「高校受験に合格したらスマホ買うって約束して!」なんて、家庭で子供に言わ...

このデータから言えることは、高校にあがる頃には、ほとんど周りのみんながスマホを持っているということです。

高校生になってもスマホをもっていないようでしたら、このデータを親に見せてはいかがですか?

スマホの毎月の使用量が馬鹿にならないから

学校に通うにもお金がかかって、これ以上スマホなんかにかけるお金はないよ」とか
うちは貧乏だから無理
なんていって、スマホを買ってもらうのを断られた経験があるかもしれません。

とはいっても、親はちゃんと携帯電話を持っているのです。

そこで、まずは親が携帯電話をどこの会社と契約しているか調べてみてください。

docomoとかソフトバンクと言った大手のところと契約していると思います。

それがわかったら、その携帯会社の「家族割り」と言ったプランを調べて具体的にスマホが一台増えたときにどのくらいの金額が違うのか調べてください。

多分、1台と2台ではそんなに違わないはずです。(格携帯会社が消費者の囲い込みをしているため、高くはありません)

そして、具体的な金額の違いを親に提示して、「その差額はお年玉やアルバイトで出すから」、などといった交渉をしてみるのもいいかもしれませんね。

また最近では、安いところだと月額750円の格安スマホがありますので、そこを落としどころにしてみるのも1つの手です。

最近では大手の携帯会社よりも大幅に安くスマホを提供している格安スマホの会社もありますので、ちょっと気になるのであれば、この辺の記事も読んでみてください。

SIMって何?SIMカード、SIMロックなどを中学生にもわかるように解説します

月額525円から!年間10万円以上損しない格安スマホの選び方!

課金で多くのお金を使いそうだから

スマホのゲームで、月に多額のお金を使う子供がニュースになり、大きく取り上げられ、そのことが両親の心配になっていることも考えられます。

スマホのゲームやアプリは基本無料で、ゲーム内での購入などでお金を使うようにできています。

これがいやらしいことに、お金をかけたくなる仕組みになっていて、私の友達でも、スマホのアプリゲームに月に2万円ほど使っている人がいます。

これは、親にパスワードを管理してもらうことで対処できると思います。

課金はするな!とはいいませんが、自分で稼げるようになってからしましょう。

参考記事

課金で高額請求!こどものスマホを課金できないようにする簡単な方法
子供は何でも夢中になってしまうもの。それが勉強やスポーツであればいいのですが、スマホのゲームに夢中になって気がついたらとんでもない請求がきた...

へんな出会いが怖いから

これも親にとっては一大事。

子供がスマホを持つことにより世界が広がりますので、色々な情報に触れ、だまされたりしないかとても心配です。

これは、スマホを持つ前に家族でのルールを作ってみたらいかがでしょうか?

これも以前の記事で書きましたので、その記事を紹介したいと思います。

中学生?高校生?スマホ(携帯)はいつから?ルールや約束・必要性は?
「お父さん(お母さん)、中学校に入学したら、スマホ買って!」とか、 「高校受験に合格したらスマホ買うって約束して!」なんて、家庭で子供に言わ...

追記

いじめを未然に防ぐためにも、スマホが活躍することもあります。

いじめの早期発見のために使えるアプリを紹介した記事を書きました。

以下の記事を参考に、両親を説得してみるのもいいかもしれません。

いじめの早期発見に!スマホのアプリで証拠をつかめ!

まとめ

知り合いに中学校の先生がいて、生徒がスマホをどれくらい持っていいるのか聞いてみた所、約半分の生徒がスマホを持っているとのこと。

授業中に着信音が鳴るのがとても迷惑だ!と話してくれました。

授業に限らず、電車やファミレスといった公共の場でのスマホの使用は周りの人に迷惑ですので、やめてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメント

  1. […] また最近では、安いところだと月額750円の格安スマホがありますので、そこを落としどころにしてみるのも1つの手です。 引用元-中学生必見!親にスマホを買ってもらう5つの説得方法! | スウィッチ! […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>