【社会人一年目でもわかりやすく】売掛金、買掛金を簡単に説明してみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

売掛金、買掛金をわかりやすく!

学生を卒業して、社会人になるとわからない言葉に出くわすと思います。

・売掛金
・買掛金

と言った言葉もそのうちの1つ。

学生時代では、まず使わない言葉ですよね。

逆にこういった言葉を学生時代に使っていると、

「ん・・・なにそれ?」なんて思わがち。

ですが社会に出て会社内で頻繁に使われるようになると、やはり知っておかなければならない言葉のうちの1つではないでしょうか?

なので本日は、

・売掛金
・買掛金

についてわかりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

会社での取引では?

会社同士での商品の取引では、全て現金で行われているわけではありませんね。

これを、「掛け取引」といいます。

商品と代金をその場で交換するのではなく、「支払いはあとで」と言った形が取られていると思います。

代金は月末に、とか
代金は○ヶ月後に

なんてふうに会社間では取引していますね。

売掛金、買掛金とは?

さて、商品と代金の交換が一緒ではない場合

「商品は得意先に渡したものの、代金はまだもらっていない」

もしくは、

「商品は先にもらったのだが、代金はまだ払っていない」

と言った状態がでてきます。

この「まだもらっていない代金」のことを売掛金といい、

「まだ払っていない代金」のことを買掛金といいます。

簡単でしょ。

まとめ

要点をまとめてみると、

まだもらっていない代金=売掛金
まだ払っていない代金=買掛金

となります。

また、売掛、買掛という言葉もあります。

これは、

売掛=代金は後で受け取る約束で商品を売ること
買掛=代金は後払いの約束で商品を買うこと

となります。

合わせて覚えておいて下さい。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>